中西弘明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中西 弘明
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県尼崎市
生年月日 (1953-09-10) 1953年9月10日(64歳)
身長
体重
172 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1975年 ドラフト外
初出場 1976年7月13日
最終出場 1984年8月21日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

中西 弘明(なかにし ひろあき、1953年9月10日 - )は、兵庫県出身の元プロ野球選手捕手)。1976年から1979年までの登録名は中西 清治

経歴[編集]

三田学園高では、2年次に1970年春の選抜に出場。準々決勝に進出するが、笹本信二のいた鳴門高に敗れる[1]。1年上のチームメートに淡口憲治、同期に羽田耕一がいた。同年夏の甲子園県予選では準決勝で滝川高に、翌年夏の県予選では準々決勝で津名高に敗退。夏の選手権には出場できなかった。

高校卒業後は、法政大学へ進学。1年上に高浦美佐緒、同期に土屋恵三郎、2年下に袴田英利と好捕手が揃い、厳しいレギュラー争いが続く。東京六大学リーグでは2年生で正捕手の座を獲得。3年生時には江川卓とバッテリーを組み、1974年春季リーグでベストナインを受賞。法大は同年秋季リーグで優勝するが、正捕手は高浦がつとめた。翌年は袴田が捕手に定着し、あまり出番はなくなる。1973年1974年日米大学野球選手権日本代表に選出されている。

1975年オフに、ドラフト外阪急ブレーブスへ入団。当時の阪急捕手陣には中沢伸二河村健一郎らがおり、出場機会は少なかった。

1981年オフに、日本ハムファイターズへ移籍。ここでも大宮龍男田村藤夫の壁を破れず、一軍には定着できずに1986年限りで現役を引退した。

1987年より1990年まで、日本ハムファイターズでコーチを務めた。1991年から1992年まで韓国OBベアーズでコーチを務めた。1993年から1995年まで横浜ベイスターズでコーチを務めた。1996年より西武ライオンズで編成部員を経て、1998年から二軍育成コーチを兼任し、1999年まで務めた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1976 阪急 8 8 8 1 3 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 .375 .375 .375 .750
1980 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1982 日本ハム 4 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1983 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1984 3 1 1 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
通算:5年 19 12 12 1 3 0 0 0 3 1 0 0 0 0 0 0 0 2 1 .250 .250 .250 .500

年度別守備成績[編集]


捕手
試合 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率
1976 5 2 1 1 .500
1980 1 0 0 0 -
1982 4 1 1 0 .000
1983 1 0 0 0 -
1984 1 0 0 0 -
通算 12 3 2 1 .250

記録[編集]

背番号[編集]

  • 27 (1976年 - 1979年)
  • 43 (1980年 - 1981年)
  • 38 (1982年 - 1986年)
  • 79 (1987年 - 1990年)
  • 81 (1993年 - 1995年)
  • 89 (1998年 - 1999年)

登録名[編集]

  • 中西 清治 (なかにし せいじ、1976年 - 1979年)
  • 中西 弘明 (なかにし ひろあき、1980年 - )

脚注[編集]

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年

関連項目[編集]