中西晃史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

中西 晃史(なかにし こうし、1972年 - )は、日本ゲームデザイナー

来歴・人物[編集]

専門学校退学後、有限会社アクワイアに入社。アクワイアが開発した初期の『天誅』シリーズでは、キャラクターデザインを含むグラフィック全般を担当した。自由度の低いゲームシステムには否定的で、ディレクターを務めた『』『忍道 戒』では自由度の高さが特徴となっていた。

その後アクワイアを退社し、カプコンへ移籍。『バイオハザード5』のプランナーを皮切りに、『バイオハザード』シリーズの開発に関わる。

作品[編集]

参考資料[編集]

  • ゲーム開発最前線 『侍』はこうして作られた アクワイア制作2課の660日戦争(2002年6月、新清士、新紀元社、ISBN 4-7753-0043-1)

関連項目[編集]