中西重忠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中西重忠
Shigetada Nakanishi cropped 1 Shigetada Nakanishi 201511.png
文化勲章受章に際して
公表された肖像写真
生誕 (1942-01-07) 1942年1月7日(76歳)
日本の旗 日本 岐阜県大垣市
国籍 日本の旗 日本
研究分野 分子生物学, 神経科学
研究機関 アメリカ国立衛生研究所
京都大学
出身校 京都大学
博士課程
指導教員
早石修
主な指導学生 笹井芳樹
主な受賞歴 慶應医学賞(1996)
グルーバー賞神経科学部門(2007)
プロジェクト:人物伝

中西 重忠(なかにし しげただ、1942年1月7日 - )は、日本の生化学者、分子神経科学者。京都大学名誉教授、大阪バイオサイエンス研究所所長。Gタンパク質共役受容体に関する世界的権威として知られる。岐阜県大垣市出身。2015年文化勲章

沼正作と共に、多ホルモン前駆体の構造、遺伝子、進化に関する研究を発表して有名となり、「記憶のもと」と考えられるタンパク質のNMDA型グルタミン酸受容体の構造を世界で初めて解明した。

経歴[編集]

[1]                       

  • 1966年 京都大学医学部卒業 (本庶佑と同級)
  • 1971年 京都大学大学院医科研究科修了(医化学、酵素) (指導者:橘正道、沼正作、野崎光洋、西塚泰美
  • 1971~1974年 アメリカ国立衛生研究所(NIH)(指導教官アイラ・パスタン博士)、癌研究所(NCI)、分子生物学教室 客員研究員
  • 1974年 京都大学 医学部 医化学教室 助教授、医学博士(京都大学)取得
  • 渡米し、スタンフォード大学スタンリー・コーエン博士と共同研究
  • 1981年 京都大学 医学部 免疫研究施設 第二部門 教授
  • 1995年2005年 京都大学大学院 医学研究科生体情報科学講座教授、生命科学研究科認知情報学講座教授(兼務)
  • 2000年2002年 京都大学大学院 医学研究科科長・医学部長
  • 2005年 退官、京都大学名誉教授
  • 2005年~2015年 財団法人大阪バイオサイエンス研究所所長[2]
  • 2015年~ 公益財団法人サントリー生命科学財団 生物有機化学研究所 所長

業績[3][編集]

受賞歴[編集]

栄誉[編集]

脚注[編集]

  1. ^ サイエンティストライブラリーJT生命誌ジャーナル53号
  2. ^ 2015年3月解散
  3. ^ サイエンティストライブラリーJT生命誌ジャーナル53号

関連項目[編集]

参照[編集]