中谷宇吉郎雪の科学館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 中谷宇吉郎雪の科学館
Nakaya Ukichoro Museum of Snow and Ice.JPG
中谷宇吉郎雪の科学館の位置(石川県内)
中谷宇吉郎雪の科学館
中谷宇吉郎雪の科学館の位置
施設情報
正式名称 加賀市中谷宇吉郎雪の科学館 [1]
専門分野 科学館
来館者数 31,690人(2014年度)[2]
館長 神田健三
事業主体 加賀市
管理運営 加賀市総合サービス株式会社,特定非営利活動法人I Love加賀ネット(指定管理者
延床面積 759.69㎡[3]
開館 1994年11月1日[4]
所在地 922-0411 
石川県加賀市潮津町イ106番地
位置 北緯36度21分8.8秒 東経136度21分45秒 / 北緯36.352444度 東経136.36250度 / 36.352444; 136.36250
外部リンク 公式ホームページ
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

中谷宇吉郎雪の科学館(なかやうきちろうゆきのかがくかん)は、石川県加賀市に位置する中谷宇吉郎にまつわる博物館である。

館内の様子。中谷が使用したオリジナルの雪の結晶の作成装置。
館内の様子。中谷の雪の結晶の再現実験。
館内の様子。中谷による雪の結晶の写真。

概要[編集]

石川県江沼郡片山津町(現・加賀市)出身で、雪の結晶や人工雪などの低温科学の分野で世界的な研究を成し遂げた、物理学者・中谷宇吉郎を顕彰する目的で、1994年11月1日に開館した。近くには柴山潟片山津温泉がある。館の設計には磯崎新が関わった。

館内は、雪と氷にまつわる様々な展示がある。資料やスライドショーのみならず、「雪と氷の実験室」で雪や氷を作る事が出来る体験型の施設がある。中谷宇吉郎に関する展示も多く、自身の名言雪は天から送られた手紙である」が記された掛軸がある。また、子供雪博士教室や講演会、コンサート、写真展などの雪にまつわるイベントも多く開催されている。

施設データ[編集]

  • 〒922-0411 石川県加賀市潮津町イ106番地
  • 指定管理者は、加賀市総合サービス株式会社,NPO法人I Love加賀ネット

利用案内[編集]

  • 開館時間:9:00〜17:00(入館は16:30まで)
  • 休館日:毎週水曜日(祝日の場合は開館)、年末年始(随時)
  • 入館料:一般500円、75歳以上:250円
    • 団体割引:一般420円
    • 高校生以下障害者:無料

沿革[編集]

  • 1994年11月1日、 開館。

交通アクセス[編集]

  • JR西日本北陸本線加賀温泉駅より車で10分。
  • JR西日本・北陸本線小松駅より車で15分。
  • 北陸自動車道片山津ICより車で5分
  • JR加賀温泉駅より加賀温泉バス「石川病院」行きに乗車、「雪の科学館前」で下車。約20分。
  • JR加賀温泉駅より市内循環バス「CANBUS(キャン・バス)」「海周り線」乗車、「中谷宇吉郎雪の科学館」で下車。約76分。逆に館から加賀温泉駅までは約23分。あるいは「小松空港線」乗車、往復とも約15分。
    • ※駐車場あり(乗用車30台、大型バス10台)。

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 加賀市中谷宇吉郎雪の科学館条例”. 2016年10月16日閲覧。
  2. ^ 加賀市統計書【第12章 文化】”. 加賀市. 2016年10月16日閲覧。
  3. ^ 加賀市中谷宇吉郎雪の科学館指定管理者の仕様書”. 加賀市. 2013年11月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年11月5日閲覧。
  4. ^ “次の10年へ” (PDF), 中谷宇吉郎 雪の科学館 通信 (中谷宇吉郎 雪の科学館) 12: 1, (2005-03-31), http://kagashi-ss.co.jp/wp-content/uploads/2015/07/kan_no12.pdf 2016年10月16日閲覧。 

関連項目[編集]