中通り (桐生市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中通り(なかどおり)は、群馬県桐生市天神町から新宿を経て広沢町に至る道路の通称である。市の緑化事業により、街路樹として白樺が植えられている[1]

概要[編集]

桐生市の東・南・広沢地区を南北を貫く幹線街路で、新宿二丁目の昭和通りとの交差点を境に北方面が都市計画道路「中通り線」、南方面が都市計画道路「中通り大橋線」である。東地区では中通りを境に西側が仲町一・二・三丁目、東側が一・四・六丁目となっている。

並行する本町通り桐生まつり堀マラソン開催のため交通規制される際に、おりひめバスの迂回路となる。本町天神町地区の重要伝統的建造物群保存地区選定に伴い、都市計画道路「本町線」のうち幸橋線交差部から中通り線交差部までの区間が廃止され、天神町二丁目以北の本町線が中通り線に振り替えられた。

交差・接続する道路[編集]

沿線[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『ふるさと桐生のあゆみ』232-233頁 都市基盤の充実

参考文献[編集]

  • 桐生市教育委員会 『ふるさと桐生のあゆみ』 1998年(平成10年)

関連項目[編集]