中道リベラル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

中道リベラル(ちゅうどうリベラル)とは、「中道」+「リベラル」の2つを併せた概念であるが、文脈や場合により、以下のように、様々な異なる意味で使用される。

  1. ヨーロッパ政界の文脈では、現在の欧州刷新[1][2][3]や、その前身の欧州自由民主同盟[4]など、欧州自由民主改革党欧州民主党自由主義インターナショナルを指す。
    1. 近現代ドイツ史学者の辻英史(法政大学人間環境学部教授 / 元・ミュンヘン大学客員教授)は、ドイツの自由民主党を指して「みずから『中道の政党』(Partei der Mitte)を名乗っ」た「『中道』をたばねる主導的な価値観」としての「リベラル」と評している[5]
  2. アメリカ政界の文脈では、一般的に民主党につき、党内の右派を「中道」と、党内の左派を「リベラル」と、それぞれ呼ぶが[6]、その中間派(例えばピート・ブティジェッジなど)を「中道リベラル」と呼ぶことがある[7]
  3. 三浦瑠麗は、2019年の参議院選挙における投票傾向の分析で、立憲民主党への投票者につき、「中道リベラルな傾向を示し、社会リベラル傾向のある有権者を多く惹きつけつつも、社会保守的価値観を抱えた有権者もそれなりに抱えている」と分析している[8]

出典[編集]

関連項目[編集]