中道リース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中道リース株式会社
Nakamichi Leasing Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
札証 8594
1986年12月22日上場
本社所在地 日本の旗 日本
060-8539
北海道札幌市中央区北1条東3丁目3番地 札幌スクエアセンタービル
設立 1972年4月21日
業種 その他金融業
事業内容 総合リース業(リース事業協会普通会員)
代表者 代表取締役社長 関寛
資本金 22億9,743万円
発行済株式総数 9,889,800株(2013年12月31日現在)
売上高 単独157億46百万円(2013年12月期)
営業利益 単独5億40百万円(2013年12月期)
純利益 単独3億12百万円(2013年12月期)
純資産 単独68億95百万円(2013年12月期)
総資産 単独970億25百万円(2013年12月期)
従業員数 単独138名(2013年12月31日現在)
決算期 12月31日
主要株主 関寛 17.5%
ノースパシフィック株式会社 9.4%
北洋銀行 4.7%
北海道銀行3.3%
芙蓉総合リース3.1%
三井住友海上火災保険2.9%
(2013年12月31日現在)
主要子会社 メッドネクスト株式会社
外部リンク www.nakamichi-leasing.co.jp
特記事項:主要株主は議決権ベースで記載
テンプレートを表示

中道リース株式会社(なかみちリース)は、北海道札幌市中央区に本社を置く中堅の総合リース会社。札幌証券取引所の単独上場企業のひとつで(証券コードは8594)。組織形態は監査役会設置会社

企業概要[編集]

北海道を基盤とする機械商社・中道機械(本社・札幌市)の商品取り扱いを主体に1972年に設立された総合リース会社。その後、他社の建設機械などの取り扱いを拡大するとともに、輸送機械医療機器の分野でのリース事業も伸ばしてきた。1994年以降は、特に、関東・東北エリアに販路を広げるとともに、リース債権の流動化・小口販売化にも進出した。顧客信頼に応えられる金融サービスを提供するため、 2002年に本社部門が品質マネジメントシステムの国際規格ISO 9001を金融サービス全体で取得し、北海道リース業界では初の登録取得企業となる。2005年には、売上高350億円となり、従来からの地域・顧客密着型の経営基盤強化と併せ、経営の透明性・公正な企業活動を図るためコーポレート・ガバナンスの機能充実を当面の経営戦略に据えている。

2009年には母体企業で親会社の中道機械が民事再生法の適用を申請して倒産してしまったため、同社社長の関寛が個人で中道機械から株式を譲り受け(マネジメント・バイアウト)筆頭株主となっている。

沿革[編集]

  • 1972年4月 - 設立、資本金2,000万円。
  • 1973年5月 - 資本金を5,000万円に増資。
  • 1977年7月 - 資本金を1億3,000万円に増資。
  • 1978年12月 - 資本金を1億5,000万円に増資。
  • 1984年7月 - 資本金を1億8,000万円に増資。
  • 1986年12月22日 - 資本金を4億4,800万円に増資。札幌証券取引所に上場。
  • 1988年6月 - 資本金を7億9,920万円に増資。
  • 2005年5月 - 資本金を22億9,743万円に増資。
  • 2013年6月 - 子会社メッドネクスト株式会社設立。

事業所一覧[編集]

参考文献[編集]

北海道21世紀タイムス編『北海学園120年の群像』(北海道21世紀タイムス, 2005.12)

関連項目[編集]