中郡二十六カ町村組合立奈珂中学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

中郡二十六カ町村組合立奈珂中学校(なかぐんにじゅうろっかちょうそんくみあいりつなかちゅうがっこう)または金目村外二十六カ町村組合立奈珂中学校は、神奈川県中郡大根村秦野市)にあった公立旧制中学校であり、中郡六カ町村組合立育英学校の後身、神奈川県立秦野高等学校の前身である。

歴史[編集]

1872年(明治5年)4月の元小田原藩藩校県学校文武館の閉鎖を契機とする同年4月の共同学校の創立、1874年(明治7年)11月の同校の廃止とそれに伴う小田原師範学校への改称、1876年(明治9年)6月30日の同校内の中等科設置、1879年(明治12年)5月24日の横浜師範学校への統合による小田原師範学校の廃止、1879年(明治12年)10月の足柄上郡足柄下郡大住郡淘綾郡津久井郡愛甲郡による六郡共立小田原中学校の創立と旧師範学校施設の引き継ぎ、1880年(明治13年)2月の津久井郡脱退による五郡共立小田原中学校への改称、同校の大住郡への移転問題に起因する1884年(明治17年)7月の同校の廃校、1886年(明治19年)5月、大住郡、淘綾郡、足柄上郡が同校を大住郡金目村へ誘致したことによる三郡共立学校の創立、1896年(明治29年)4月の大住郡、淘綾郡合併(中郡となる)による二郡共立学校への改称、1898年(明治31年)4月、足柄上郡脱退による中郡共立学校への改称[1]1900年(明治33年)3月の郡制改正施行による中郡立中郡学校への改称、国の実業教育政策に応じる形での1902年(明治35年)4月の中郡立中郡農業学校の開校、1908年(明治41年)4月、同校の平塚町達上西畑向原移転による神奈川県立農業学校(神奈川県立平塚農業高等学校の前身)の開校、なおも存続中の郡立農業学校を中郡有志が引き継ぐための、1909年(明治42年)3月の私立育英学校の創立、1923年(大正12年)4月の郡制廃止と同年9月の関東大震災による校舎全壊に起因する経営困難に対処するための1924年(大正13年)4月の大根村土沢村、金目村、旭村金田村秦野町の六か町村による中郡六カ町村組合立育英学校の創立、同年12月の組合への参加町村増加による中郡二十六カ町村組合立育英学校への改称、以上の経緯により本校は以下の経緯で創立された。

町村組合は1925年(大正14年)5月16日に認可され、事務を開始した。この組合設立の目的は中郡北部に5年制中学校を設立することであったため、1926年(大正15年)3月4日、「奈珂中学校設立認可」が下り、同年4月、本校が大根村大根小学校講堂を仮校舎として開校し、育英学校は発展的解消となった。

その後、本校は以下の経緯をたどった。同年9月6日、大根村より無償で提供された校地に新校舎が竣工し、本校は同村下大槻広畑に移転した。1929年(昭和4年)、校名を神奈川県奈珂中学校と改称した。1930年(昭和5年)頃から経営が困難となり、1932年(昭和7年)11月の大暴風雨はこれに拍車をかけた。このような中、同年中に本校を県立に移管することが学校組合会で決議され、県へ「神奈川県奈珂中学校移管願」が提出された。そして1935年(昭和10年)4月より本校を県へ移管することが条件付で決定されたが、県への移管条件の一つ県立盲唖学校寄宿舎建設費として15,000円を中郡盲人学校設立者が負担することの充足が問題となった。この条件を充足させるため、平塚市が6,500円を分担することに同市議会が反対したのだった。これにより4月の県への移管は延期となった。県への移管は同年11月1日になされ、これを以て神奈川県立秦野中学校が創立された[2]

略歴[編集]

  • 1872年(明治5年)4月 - 県学校文武館閉鎖。共同学校開校。
  • 1874年(明治7年)11月 - 共同学校廃止。小田原師範学校と改称。
  • 1876年(明治9年)6月 - 同師範学校内に中等科設置。
  • 1879年(明治12年)5月 - 同師範学校廃止。横浜師範学校に統合。
  • 1879年(明治12年)10月 - 足柄上下大住淘綾津久井愛甲6郡連合の中学校設置が許可される。
  • 1879年(明治12年)11月 - 小田原師範学校の施設を引き継ぎ、六郡共立小田原中学校開校。
  • 1880年(明治13年)2月 - 津久井郡が脱退。五郡共立小田原中学校と改称。
  • 1884年(明治17年)7月 - 五郡共立小田原中学校廃校。
  • 1885年(明治18年) - 同校を大住郡に誘致するための大住淘綾足柄上3郡の三郡共立学校設立の出願が許可される。
  • 1886年(明治19年)5月 - 旧五郡共立中学校が大住郡に誘致され、三郡共立学校開校(秦野高校草創年)。
  • 1893年(明治26年)5月 - 金目小学校新築移転により同校舎買収。三郡共立学校移転。
  • 1896年(明治29年)4月 - 大住郡、淘綾郡合併により中郡、足柄上郡共立の二郡共立学校と改称。
  • 1898年(明治31年)4月 - 足柄上郡が脱退。中郡共立学校と改称。
  • 1899年(明治32年)7月 - 新校舎を南金目村に新築。同校移転。
  • 1900年(明治33年)3月 - 郡制改正施行により、中郡立中郡学校と改称。
  • 1902年(明治35年)4月 - 国の実業教育政策に応じる形で中郡立農業学校開校。農業科設置。
  • 1903年(明治36年) - 県農業会、県立農業学校設立を建議。
  • 1908年(明治41年)4月 - 神奈川県への移管により神奈川県立農業学校創立(現平塚農業高校創立年)。平塚町達上ヶ丘に移転。郡立農業学校も存続。
  • 1909年(明治42年)3月 - 郡立農業学校を引き継ぐため、猪俣松五郎らにより同校舎、無償借用される。
  • 1909年(明治42年)4月 - 郡立農業学校舎を利用し、私立育英学校創立。
  • 1910年(明治43年) - 郡立農業学校廃校。
  • 1923年(大正12年)4月 - 郡制廃止。郡による補助金、打ち切られる。
  • 1923年(大正12年)9月 - 関東大震災発生。校舎全壊。
  • 1923年(大正12年)10月 - 大磯妙大寺にて授業再開。
  • 1924年(大正13年)1月 - 校舎改築。本校にて授業再開。
  • 1924年(大正13年)3月 - 私立育英学校廃校。
  • 1924年(大正13年)4月 - 秦野町、金目村他6町村による中郡六カ町村組合立育英学校創立。
  • 1924年(大正13年)12月 - 組合への参加町村増加により中郡二十六カ町村組合立育英学校となる。
  • 1925年(大正14年)5月 - 組合認可、事務開始。
  • 1926年(大正15年)4月 - 育英学校の発展的解消により本校創立(秦野高校創立年)。大根村に移転。
  • 1926年(大正15年)9月 - 新校舎、同村下大槻広畑に落成。本校移転(以後の後身校所在地)。
  • 1926年(大正15年)10月29日 - 開校式。
  • 1929年(昭和4年)3月 - 神奈川県奈珂中学校と改称。
  • 1935年(昭和10年)11月1日 - 県へ移管、神奈川県立秦野中学校創立。

行事[編集]

遠足(日帰り)、修学旅行(1泊以上)が行われており、その伝統は秦野高等学校にも引き継がれているが、修学旅行の回数が多かった時期がある。

遠足は1926年(大正15年)度は1,2年生、1927年(昭和2年)度は1年生のみだった。1928年(昭和3年)から1930年(昭和5年)度は1年生から3年生だった。行き先は県内の他、東京、静岡等であった。

修学旅行は1926年(大正15年)度は3年生から5年生、1927年(昭和2年)度は2年生から4年生、1928年(昭和3年)から1930年(昭和5年)度は4年生のみだった。行き先は箱根、静岡、日光、関西であった[3]

進路状況[編集]

年度 進学率
1929年(昭和4年) 23%
1930年(昭和5年) 32%
1931年(昭和6年) 25%
1932年(昭和7年) 25%
1933年(昭和8年) 41%
1934年(昭和9年) 30%
1935年(昭和10年) 42%

進学先は神奈川師範学校(横浜国立大学の前身)がもっとも多くみられたが、以下の官立学校への進学もみられた。旧制高等学校では第四高等学校(金沢大学の前身)や第八高等学校(名古屋大学の前身)等のナンバースクール弘前高等学校(弘前大学の前身)や富山高等学校(富山大学の前身)等のネームスクール、その他の官立学校として東京商科大学(一橋大学の前身)予科[4]東京高等師範学校(筑波大学の前身)、地元では横浜高等商業学校(横浜国立大学の前身)、横浜高等工業学校(同前身)等。私立学校では早稲田大学高等学院[5]東京物理学校(東京理科大学の前身)等が多くみられた[6]

主な出身者[編集]

三郡共立学校から中郡立中郡農業学校までの出身者

私立育英学校から中郡二十六カ町村組合立育英学校までの出身者

  • 中村新治(政治家。秦野町町長)

中郡二十六カ町村組合立奈珂中学校から神奈川県奈珂中学校までの出身者

  • 井出兵治(政治家、実業家。平塚市議、井出産業代表取締役)
  • 三竹範義(政治家。秦野市議)

その他[編集]

校名の由来は以下のような建学の理想を校名に表したものである。「奈珂」とは中を意味する。そしてこの「珂」(白メノウのような宝石)は磨けば光ることを表し、またそのような子弟を神奈川県中央部で集めることを表す。これを以て、社会に役立つ人材を大いに育成したいという理想を表した[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 秦野高等学校公式サイト・概要・1.沿革によると、中郡共立学校への改称は1896年(明治29年)であるが、神奈川県立秦野高等学校『秦野高等学校史』(ぎょうせい、1986年)巻末年表にしたがった。
  2. ^ 以上は、秦野高等学校史・前掲・4-133頁、小田原高校公式サイト・学校沿革平塚農業高校公式サイトによった。
  3. ^ 以上は、秦野高等学校史・前掲・107頁表。なお5年生では修学旅行にかわって、宿泊をともなう野外演習や連隊見学になったという。
  4. ^ 秦野高等学校史・前掲・115頁によると、進学先として「東京高商」をあげているが、同校は1920年(大正9年)に大学へと昇格しており、中学校からの直接進学はありえない。同大学予科への進学であろう。
  5. ^ 秦野高等学校史・前掲・115頁によると、進学先として「早稲田」となっているが、同校も1920年(大正9年)に大学へと昇格している。中学校からの直接進学はありえないので、同大付属高等学院への進学であろう。
  6. ^ 以上の記述は、秦野高等学校史・前掲・114-115頁によった。
  7. ^ 秦野高等学校史・前掲・48頁では「衆議院議員に当選した福井準三」と表記されているが、衆議院、参議院編『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』(大蔵省印刷局、1990年)では「福井準造」と記載されている。そして他に該当する議員の記録がないため、氏名の表記は後者にしたがった。
  8. ^ 秦野高等学校史・前掲・121頁熊条斐雄談。

関連項目[編集]