中郡宇村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
なかこおりうむら
中郡宇村
廃止日 1934年8月1日
廃止理由 編入合併
吉野村西武田村中郡宇村鹿児島市
現在の自治体 鹿児島市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 鹿児島県
鹿児島郡
団体コード 廃止時制度なし
総人口 10,818
1925年10月1日
隣接自治体 鹿児島市、鹿児島郡西武田村、谷山町
中郡宇村役場
所在地 鹿児島県鹿児島郡中郡宇村大字郡元
外部リンク なし
座標 北緯31度33分45.5秒
東経130度32分47.7秒
Kagoshima city map 1889.svg
現在の鹿児島市域にあたる町村制施行当時の地図(中郡宇村はオレンジ色)
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

中郡宇村(なかこおりうむら)は、鹿児島県の中部、鹿児島郡に属していた村。1934年8月1日吉野村西武田村とともに鹿児島市へ編入され自治体としては消滅した。

村名は村、元村、宿村の頭文字を取り命名したことに由来している[1]

地理[編集]

中郡宇村の大部分が紫原の高原に占められており、現在は住宅地となっているが、当時は田畑が広がっていた[2]。紫原の麓には新川、脇田川が流れ、その付近に集落がある。中郡宇村役場は大字郡元の一之宮神社付近に置かれていた。

大字は中、郡元、宇宿の3大字から構成されており、現在の鴨池(編入時に大字中から改称)、与次郎郡元町郡元南郡元町東郡元町南新町真砂町真砂本町三和町鴨池新町新栄町唐湊紫原西紫原町宇宿日之出町にあたる。

歴史[編集]

  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行により、鹿児島郡中村、郡元村、宇宿村の区域より中郡宇村が成立する。
  • 1934年(昭和9年)8月1日 - 鹿児島市へ編入され消滅(この際中が鴨池町と改称された)。

行政[編集]

歴代村長[編集]

町村制施行以降の村長を記載する。表記は『宇宿郷土史』86頁に基づく。

氏名 就任期間
初代村長 根元 哲彦 1889年6月1日 - 1892年5月
二代村長 二禮 俊一 1892年6月1日 - 1895年5月
三代村長 早田 如平 1895年5月 - 1897年9月21日
四代村長 宮本 東之輔 1897年9月24日 - 退任日不明
五代村長 二木 郎 就任日不明 - 1898年7月11日
六代村長 大場 孝太郎 1898年12月 - 退任日不明
七代村長 染河 喜輔 1900年1月 - 1900年2月3日
八代村長 藤山 隆章 1900年5月 - 1900年12月28日
九代村長 羽月 市次郎 1901年11月 - 退任日不明
十代村長 兒玉 利謙 1901年12月13日 - 1910年3月28日
十一代村長 澁谷 龍三 1910年12月13日 - 1919年12月5日
十二代村長 梶原 武次 1920年1月20日 - 1924年12月5日
十三代村長 堀 金光 1925年1月21日 - 1929年1月20日
十四代村長 末吉 市之進 1929年1月21日 - 1934年7月31日

教育[編集]

尋常高等小学校[編集]

青年訓練所[編集]

  • 中郡青年訓練所
  • 宇宿青年訓練所

高等教育機関[編集]

  • 鹿児島高等農林学校(現在の鹿児島大学農学部)
  • 錦江高等女学校

施設[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

指宿枕崎線が村内を通っていたが、当時村内に駅はなく最寄駅は西鹿児島駅であった。また、旧村域内に現在ある郡元駅南鹿児島駅宇宿駅は中郡宇村が鹿児島市に編入された後に設置されたものである。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『中郡宇村誌』p.2 - 鹿児島郡中郡宇村役場 1930年
  2. ^ 『中郡宇村誌』p.1 - 鹿児島郡中郡宇村役場 1930年
  3. ^ 『宇宿郷土史』p.86 - 木原三郎 1979年

関連項目[編集]