中郡 (京都府)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
京都府中郡の位置

中郡(なかぐん)は、京都府丹後国)にあった。古くは丹波郡と呼ばれ、丹後国丹波国から分国する以前および以降も中世までその名で呼ばれた。

郡域[編集]

1897年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、京丹後市の一部(峰山町各町・大宮町各町)にあたる。

歴史[編集]

続日本紀和銅6年(713年)に丹波国の11郡のうち、丹波郡を含む北方の5郡を分けて丹後国が設けられたとある[1][2]。丹波の名を持つ伝説上の人物として崇神天皇が指名した四道将軍のひとりである丹波道主命が、この地方で善政を強いて民から慕われたとされる[3]

古代[編集]

この領域からは縄文時代の土器・石器の良好な資料が発掘されているが量は多くない。弥生時代には大規模な集落が形成された。代表的な遺跡は、峰山の途中ケ丘遺跡、扇谷遺跡などが良く調査されている。[4]。古墳としてはカジヤ古墳や湧田山古墳群などが発掘・研究されている。

[編集]

平安時代に作られた『和名類聚抄』に記される郡内の

  • 大野郷
  • 新治郷(新沼郷とも[5])
  • 丹波郷
  • 周枳郷
  • 三重郷
  • 神戸郷
  • 口枳郷

式内社[編集]

延喜式神名帳に記される郡内の式内社

神名帳 比定社 集成
社名 読み 付記 社名 所在地 備考
丹波郡 9座(大2座・小7座)
大宮売神社 二座 オホミヤノメノ 名神大 大宮売神社 京都府京丹後市大宮町周枳 (丹後国二宮) [1]
咋岡神社 クヒヲカノ 咋岡神社 京都府京丹後市峰山町赤坂
波弥神社 ハミノ 波弥神社 京都府京丹後市峰山町荒山
多久神社 タクノ 多久神社 京都府京丹後市峰山町丹波
稲代神社 イナシロノ 稲代神社・吉原神社 京都府京丹後市峰山町安
名木神社 ナキノ 名木神社 京都府京丹後市峰山町内記
矢田神社 ヤタノ 矢田神社 京都府京丹後市峰山町矢田
比沼麻奈為神社 ヒチマナヰノ 比沼麻奈為神社 京都府京丹後市峰山町久次
凡例を表示

中世[編集]

室町時代までは丹波郡の名称が続いていた事が確認できる[6]。戦国時代末期この地域の峰山に城があったが、織田信長の武将明智光秀細川藤孝に攻略され、平定後は丹後国は細川藤孝に与えられた。藤高は関ケ原の合戦では東軍に属し、戦後に豊前中津へ転出して代わりに京極氏が丹後一国を支配した[7]。京極氏が慶長7年に実施した検地では中郡と記載されている[8]。その後丹後は小さな藩や天領に分割されて統治された。

近世以降の沿革[編集]

知行 村数 村名
幕府領 幕府領 9村 五十河村、久住村、延利村、明田村、三坂村、谷内村、奥大野村、鱒留村、新治村
藩領 丹後峰山藩 1町
19村
河辺村、新町村、荒山村、内記村、丹波村、矢田村、橋木村、石丸村、赤坂村、杉谷村、峰山町、五箇村、久次村、小西村、西山村、安村、菅村、長岡村、善王寺村
丹後宮津藩 5村 三重村、森本村、上常吉村、下常吉村、周枳村
宮津藩・峰山藩 1村 口大野村
幕府領・藩領 幕府領・宮津藩 1村 二箇村
11.峰山町 12.吉原村 13.五箇村 14.長善村 15.大野村 16.常吉村 17.三重村 18.五十河村 19.周枳村 20.河辺村 21.新山村 22.丹波村(橙:京丹後市 1 - 9は熊野郡 31 - 47は竹野郡)
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、下記の町村が発足。全域が現・京丹後市。(1町11村)
    • 峰山町 ← 峰山町[9]、杉谷村[峰山光明寺町]
    • 吉原村 ← 安村、西山村、小西村、菅村、新治村
    • 五箇村 ← 五箇村、鱒留村、二箇村、久次村
    • 長善村 ← 長岡村、善王寺村
    • 大野村 ← 口大野村、奥大野村
    • 常吉村 ← 上常吉村、下常吉村
    • 三重村 ← 森本村、三重村、三坂村、谷内村
    • 五十河村 ← 延利村、明田村、五十河村、久住村
    • 周枳村河辺村(それぞれ単独村制)
    • 新山村 ← 荒山村、新町村、内記村
    • 丹波村 ← 丹波村、矢田村、橋木村、赤坂村、石丸村、杉谷村[峰山光明寺町を除く]
  • 明治25年(1892年3月5日 - 大野村が分割し、一部(口大野)の区域をもって口大野村が、残部(奥大野)の区域をもって奥大野村がそれぞれ発足。(1町12村)
  • 明治32年(1899年7月1日 - 郡制を施行。
  • 大正7年(1918年7月1日 - 丹波村の一部(杉谷)が峰山町に編入。
  • 大正12年(1923年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 大正15年(1926年)7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 昭和26年(1951年)4月1日 - 口大野村・奥大野村・常吉村・三重村・周枳村・河辺村が合併して大宮町が発足。(2町6村)
  • 昭和30年(1955年1月1日 - 峰山町・吉原村・五箇村・新山村・丹波村が合併し、改めて峰山町が発足。(2町2村)
  • 昭和31年(1956年
    • 7月1日 - 五十河村が大宮町に編入。(2町1村)
    • 9月30日 - 長善村が分割し、一部(長岡)が峰山町に、残部(善王寺)が大宮町にそれぞれ編入。(2町)
  • 平成16年(2004年)4月1日 - 峰山町・大宮町が竹野郡網野町丹後町弥栄町熊野郡久美浜町と合併して京丹後市が発足。同日中郡消滅。

行政[編集]

  • 歴代郡長
氏名 就任年月日 退任年月日 備考
1 明治11年(1879年)4月10日
大正15年(1926年)6月30日 郡役所廃止により、廃官

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 角川日本地名大辞典26京都府上巻 昭和57年 p933
  2. ^ 他は加佐・与謝・竹野・熊野の4郡
  3. ^ 峰山郷土史上 昭和38年 峰山町発行 p29
  4. ^ 角川日本地名大辞典26京都府上巻 昭和57年 p933
  5. ^ 諸本修正 倭名類聚抄 [本文編] 昭和43年発行 臨川書店 p643
  6. ^ 角川日本地名大辞典26京都府上巻 昭和57年 p934
  7. ^ 角川日本地名大辞典26京都府上巻 昭和57年 p934
  8. ^ 峰山郷土史上 昭和38年 峰山町発行 p156
  9. ^ この時点では峰山吉原町、峰山四軒町、峰山不断町、峰山上町、峰山織元町、峰山室町、峰山呉服町、峰山浪花町、峰山白銀町、峰山泉町、峰山御旅町、峰山富貴屋町、峰山堺町、峰山古殿町が存在。

参考文献[編集]

関連項目[編集]