中部大学民族資料博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 中部大学民族資料博物館
MUSEUM OF ETHNOLOGY ART CHUBU UNIVERSITY
Chubu University Miura Memorial Library 20190202.jpg
博物館がある三浦記念図書館(2019年2月)
中部大学民族資料博物館の位置(愛知県内)
中部大学民族資料博物館
愛知県内の位置
施設情報
前身 中部大学民俗資料室
専門分野 民俗資料
収蔵作品数 2,639点
館長 和崎春日
事業主体 中部大学
延床面積 1,335.80m2[注 1]
開館 2011年(平成24年)4月26日
所在地 487-8501
愛知県春日井市松本町1200番地
中部大学附属三浦記念図書館 2F
位置 北緯35度16分25.1秒 東経137度0分46.5秒 / 北緯35.273639度 東経137.012917度 / 35.273639; 137.012917座標: 北緯35度16分25.1秒 東経137度0分46.5秒 / 北緯35.273639度 東経137.012917度 / 35.273639; 137.012917
外部リンク 中部大学民族資料博物館
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

中部大学民族資料博物館(ちゅうぶだいがくみんぞくしりょうはくぶつかん)は、愛知県春日井市にある中部大学内にある博物館大学博物館)である。中部大学附属三浦記念図書館の一部を改修し設置された。

概要[編集]

1992年平成4年)に国際関係学部に開設された民俗資料室を前身とし、2011年(平成23年)4月26日に開館。2013年(平成25年)2月5日には、博物館相当施設の指定を受けた[1]

館内は常設展示室であるシルクロード室と地域研究エリアのほか、体験実習室と多目的室に分かれている。このうちシルクロード室では、主にシルクロード文化圏に関わる民族資料を収蔵しており、シルクロードの交易で使われた約700のコインコレクションやバーミヤン壁画の復元模写などが展示されている。また、地域研究エリアでは、オセアニア(約450点)、アジア(約930点)、アメリカ(約40点)、アフリカ(約90点)、ヨーロッパ(約190点)に区分され、各地域の民族資料が展示されている。このほか、多目的室では、春と秋の2回企画展が開催されている。[2][3][4]

なお、当博物館は、中部大学の学生や教職員のほか一般にも無料で公開されている。

また、開館時間は9:30~16:30(入場は閉館の30分前)、休館日は土曜・日曜・祝日・年末年始・大学が定める休日(行事開催日は開館予定)となっている。

中部大学民俗資料博物館の案内図
中部大学民俗資料博物館の民族楽器体験コーナー
中部大学民俗資料博物館のヨーロッパ州の展示品

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 図書館部分12,109.90m2のうち

出典[編集]

  1. ^ 民族資料博物館ニュースレター vol.4 (PDF)”. 中部大学民族資料博物館. 2013年12月27日閲覧。
  2. ^ “中部大学民族資料博物館”中部大学.2019年6月20日閲覧。[1]
  3. ^ 『中部大学案内2019』、中部大学、2019年。
  4. ^ 『中部大学民族資料博物館』、中部大学、2019年。
[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]