中部方面後方支援隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中部方面後方支援隊
創設 2004年平成16年)3月29日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
部隊編制単位
兵科 武器科需品科輸送科
兵種/任務/特性 後方支援
所在地 京都府 京都市
編成地
上級単位 JGSDF Middle Army.svg 中部方面隊
担当地域 関西東海北陸中国地方四国
テンプレートを表示

中部方面後方支援隊(ちゅうぶほうめんこうほうしえんたい、英語: JGSDF Middle Army Logistic Support Troop)は、京都府京都市桂駐屯地に駐屯する、陸上自衛隊中部方面隊隷下の後方支援部隊である。方面隊直轄部隊の後方支援業務を任務とするほか、災害派遣や民生協力、国際貢献活動も行っている。

2004年(平成16年)3月末に中部方面隊隷下の後方支援部隊を編合し、新編された。

沿革[編集]

  1. 第306普通科直接支援中隊を新編(前身は第10後方支援連隊第2整備大隊第4普通科直接支援中隊)、第49普通科連隊を支援。
  2. 第302普通科直接支援隊を第307普通科直接支援中隊に改編、第47普通科連隊を支援。
  • 2017年(平成29年)3月27日:第101補給大隊と第303弾薬中隊を新編。
  • 2018年(平成30年)3月27日:部隊の新編及び廃止
  1. 第301特科直接支援隊を新編(前身は第14後方支援隊第2整備中隊特科直接支援小隊)、中部方面特科隊を支援[1]
  2. 中部方面輸送隊第104輸送業務隊を廃止(陸上自衛隊中央輸送隊第4方面分遣隊に改組)
7月6日:平成30年7月豪雨に伴い、6日1時10分に京都府知事から水防活動に係る災害派遣要請を受けた第7普通科連隊と共に、京都市伏見区久我橋付近で堤防補強のための土嚢積み作業に当たった。朝7時05分に府知事からの撤収要請により活動を終了した[2]が、同日18時35分に再度要請を受け、再び水防活動を実施。23時30分に活動を終えた[3]

部隊編成[編集]

特記ないものは桂駐屯地所在。

主要幹部[編集]

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
中部方面後方支援隊長
兼 桂駐屯地司令
1等陸佐 榑林寿弘 2017年08月01日 陸上自衛隊化学学校教育部長
副隊長 1等陸佐 田中奈津夫 2019年05月13日 陸上自衛隊補給統制本部誘導武器部長
歴代の中部方面後方支援隊長
(1等陸佐・桂駐屯地司令兼補)
氏名 在職期間 職種 出身校・期 前職 後職
01 藤井貞文 2004年03月29日 - 2005年07月27日 武器科 防大23期 陸上幕僚監部調査部調査課
調査運用室長
陸上自衛隊補給統制本部
火器車両部長
02 岩城征昭 2005年07月28日 - 2007年07月02日 化学科 防大20期 中部方面総監部人事部長 陸上自衛隊化学学校
大宮駐屯地司令
(陸将補昇任)
03 藤枝茂樹 2007年07月03日 - 2009年03月31日 会計科 防大21期 陸上自衛隊北海道補給処副処長 陸上自衛隊会計監査隊
04 保坂收 2009年04月01日 - 2010年11月30日 輸送科 防大24期 陸上自衛隊補給統制本部
装備計画部長
陸上自衛隊輸送学校
05 大森丈義 2010年12月01日 - 2012年08月27日 輸送科 防大28期 統合幕僚監部首席後方補給官付
後方補給官
第4師団副師団長
福岡駐屯地司令
(陸将補昇任)
06 田原計 2012年08月28日 - 2013年12月17日 通信科 防大26期 東北方面総監部装備部長 陸上自衛隊補給統制本部副本部長
(陸将補昇任)
07 飯田重喜 2013年12月18日 - 2015年12月17日 武器科 防大28期 装備施設本部武器課長 陸上自衛隊北海道補給処副処長
08 小田英明 2015年12月18日 - 2017年07月31日 施設科 防大31期 中部方面総監部総務部長 陸上自衛隊施設学校副校長
兼 企画室長
09 榑林寿弘 2017年08月01日 - 化学科 防大33期 陸上自衛隊化学学校教育部長

主要装備[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 被支援部隊(中部方面特科隊)と同様、平時は第14旅団第14後方支援隊に隷属
  2. ^ 京都府京都市における水防活動に係る災害派遣について(最終報)”. 防衛省 (2018年7月6日). 2018年8月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月21日閲覧。
  3. ^ 京都府京都市における水防活動に係る災害派遣について(最終報)”. 防衛省 (2018年7月7日). 2018年8月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月21日閲覧。

関連項目[編集]