中部薬品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
中部薬品株式会社
CHUBU YAKUHIN CO,LTD
中部薬品本部 外観
中部薬品本部 外観
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
507-0078
岐阜県多治見市高根町4-29
北緯35度21分33秒 東経137度5分45秒 / 北緯35.35917度 東経137.09583度 / 35.35917; 137.09583座標: 北緯35度21分33秒 東経137度5分45秒 / 北緯35.35917度 東経137.09583度 / 35.35917; 137.09583
設立 1984年昭和59年)2月
業種 小売業
法人番号 4200001020808 ウィキデータを編集
事業内容 ドラッグストア調剤薬局
代表者 高巣基彦(代表取締役社長
資本金 14億4,144万円
売上高 1346億6400万円
営業利益 39億8300万円
経常利益 44億2600万円
純利益 25億5400万円
総資産 674億3500万円
従業員数 3316名
(社員888名、パート・アルバイト8h換算)
※2017年3月期
決算期 3月
主要株主 バローホールディングス100%
外部リンク https://www.vdrug.co.jp/
特記事項:経営指標は2020年3月期[1]
テンプレートを表示
V・drug豊川店
V・drug美合店(岡崎市美合町

中部薬品株式会社(ちゅうぶやくひん、CHUBU YAKUHIN CO,LTD )は岐阜県多治見市に本社があるドラッグストアチェーンおよび調剤薬局を展開する企業。スーパーマーケットチェーン、バローグループバローホールディングス100%子会社)。1984年(昭和59年)2月設立。 ドラッグストア(調剤薬局併設店舗含む)、調剤専門薬局のいずれも『V・drug』という名称で展開している。

マスコットキャラクター[編集]

中部薬品のマスコットキャラクターは『くすりん』。天使をモチーフとしたキャラクターとなっており、ホームページやチラシなどで見かけることができる。 なお、同社のホームページ上ではくすりんのLINEスタンプの販売も行っている。

屋号の変遷[編集]

中部薬品は設立より『サンドラッグストア』を屋号として営業してきたが、店舗の大型化に伴い 2002年(平成14年)に店舗面積250坪前後の大型店舗を新ブランドとして『サンwill ドラッグストア』という屋号で店舗を出店した。 その後、2004年(平成16年)には新業態として店舗面積600坪前後のメガドラッグストア『V+drug』を出店。茜部南店(岐阜県岐阜市)、東郷西店(愛知県東郷町)、小松東店(石川県小松市)、野々市南店(石川県野々市市)、豊川店(愛知県豊川市)の5店舗でメガドラッグストアに挑戦する。 2006年(平成18年)、東京が本社のサンドラッグ東海地方に出店しはじめ、利用者が混同するケースが増えてきたこと、また、中部薬品がバローグループであることを分かりやすく伝えることを理由に、全店の屋号を『V・drug』に統一した。

V・drugの「V」には 『valor』 『value』 『vitality』 の3つの意味がある。

グループ[編集]

中部薬品は株式会社バローホールディングス出資するバローグループの企業。 その他、2005年(平成17年)3月に株式会社マツモトキヨシと業務提携したが、こちらは商品及び自社開発商品(PB)の共有、商品の仕入れ、販売及び価格等に関する情報交換、物流センター機能の共有化、調剤システムの共同利用、出店に関する情報交換が提携内容であり、マツモトキヨシとの資本提携はないが、同じ日本ドラッグチェーン会の加盟企業である。

沿革[編集]

  • 1984年(昭和59年) - 中部薬品株式会社設立(第1号店 恵那店)。
  • 1989年(平成元年)- EOSシステム導入。
  • 1990年(平成2年) - 郊外型ドラッグストア第1号店 名東店開店。
  • 1991年(平成3年) - POSシステム導入。
  • 1997年(平成9年) - 調剤専門薬局第1号店 瑞浪薬局開店。
  • 1999年(平成11年) - 自社物流センター稼動。
  • 2000年(平成12年) - 全店パソコン導入、新本部社屋・新物流センター完成。
  • 2001年(平成13年) - コスメティックストア第1号開店、大型ドラッグストア開店。
  • 2002年(平成14年) - 滋賀県石川県新規出店、新ブランド『サンWILLドラッグ』出店。
  • 2003年(平成15年) - 店舗数100店舗突破、薬事センター設立。
  • 2004年(平成16年) - 新業態メガドラッグストア『V+drug』開店。
  • 2005年(平成17年) - 本社新基幹システム導入。株式会社マツモトキヨシと業務提携。
  • 2006年(平成18年) - 福井県新規出店、店舗屋号を『V・drug』に統一、健康食品を強化した売場「サプリメントワールド」を岐阜県可児市の広見店に展開開始
  • 2008年(平成20年) - 店舗数150店舗突破。クレジットカード(バローグループカード)導入。北陸地区の業容拡充に伴い、富山県富山市に北陸本部を開設。
  • 2009年(平成21年) - 楽天市場に『Vドラッグアミノワールド店』を開店。
  • 2010年(平成22年) - 愛知県一宮市に物流センターを開設。
  • 2011年(平成23年) - 静岡県初となる駿河敷地店、藤枝高柳店をオープン。自動発注システムを運用開始
  • 2012年(平成24年) - 店舗数200店舗突破。多治見物流センターを移転拡充。
  • 2013年(平成25年) - 静岡県島田市に物流センターを開設。岐阜県多治見市のチルド物流センターを稼働開始
  • 2014年(平成26年) - 店舗数250店舗を突破。
  • 2015年(平成27年) - 滋賀県初となる大将軍店をオープン。店舗数300店舗を突破。
  • 2016年(平成28年) - 滋賀県へ4店舗展開。
  • 2017年(平成29年) - 京都府京都市伏見区に京都府初となる伏見小栗栖店をオープン。

所在地[編集]

  • 本社岐阜県多治見市高根町4-29
  • 物流センター:岐阜県多治見市大針町661-1
  • 北陸物流センター:富山県南砺市縄倉136-1
  • 静岡物流センター:静岡県島田市阪本字堤下512-9
  • 一宮物流センター:愛知県一宮市木曽川町黒田十一ノ通り14-1

店舗展開[編集]

2017年12月現在の店舗数
岐阜県 愛知県 三重県 静岡県 滋賀県 京都府 福井県 石川県 富山県 合計
ドラッグストア 109 126 11 11 4 2 15 17 32 327
(うち調剤併設店舗) (22) (11) (0) (0) (0) (0) (1) (3) (5) (42)
調剤専門薬局 17 12 1 0 0 0 0 0 1 31
合計 126 138 12 11 4 2 15 17 33 358

免税対応店舗[編集]

岐阜県高山市内のフレスポ高山店、高山中央店、高山西店、岐阜県下呂市の下呂店、愛知県犬山市の犬山駅前店、富山県富山市の窪新店の6店舗で免税対応を行っている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]