中部電力カーリング部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
No image.svg
中部電力カーリング部
Curling pictogram.svg
基礎情報創設年 2009年所在地 長野県北佐久郡軽井沢町使用施設 軽井沢アイスパーク所属協会 長野県カーリング協会運営母体 中部電力戦績オリンピック出場大会
  • なし
世界選手権出場大会 最高成績 4位パシフィックアジア選手権出場大会 最高成績 22位 銀メダル (2012・2019)日本選手権優勝 公式サイト www.chuden.co.jp/corporate/activity/sports/curling/テンプレートを表示

中部電力カーリング部(ちゅうぶでんりょくカーリングぶ)は、中部電力と分社化した中部電力パワーグリッド中部電力ミライズの従業員で構成されるカーリングチームである。

概要[編集]

前身は2007年の春に結成された、中部電力長野支店の女子カーリングチームである[1]。このチームは前年の2006年2月のトリノオリンピックに出場したチーム青森の活躍によって日本国内でカーリングの人気が高まったことに伴って、中部電力が社員の結束を高めることなどを目的に結成された[2][1]

それから約2年後の2009年4月に、18歳から20歳の女子選手4名で創部された。20歳以下であるため、このシーズンのみジュニア年代の大会にも出場した。創部初年度の2009-2010シーズンにおいて日本カーリング選手権大会で3位に入賞し、2年目の2010-2011シーズンには同選手権大会で優勝。2011-2012シーズンは日本ナショナルチームとして指定された。活動拠点は、軽井沢アイスパーク(風越公園内)。

若い選手によって構成されることからマスメディアからの注目度も高いが、個人への取材は全て拒否し[3]、チームとしての取材もスポーツ報道のみを対象としている[4]

選手・スタッフ(2020年)[編集]

北澤育恵 (きたざわ いくえ) - フォース・バイススキップ
1996年10月12日生まれ。長野県佐久市出身。高校3年次の2014年5月より加入。中部電力佐久営業所勤務(2015年入社)。
松村千秋 (まつむら ちあき) - サード
1992年10月26日生まれ。長野県軽井沢町出身。2011年4月より加入。中部電力上田営業所勤務(2011年4月入社)。
かつてはスキップ(兼フォース)を務めていたが、2018年シーズンよりサードに転向。
北海道コンサドーレ札幌カーリングチームの松村雄太は兄。
中嶋星奈 (なかじま せいな) - セカンド・スキップ
1997年12月2日生まれ。長野県軽井沢町出身。中部電力上田営業所勤務(2016年入社)。
石郷岡葉純 (いしごうおか はすみ) - リード
1996年6月17日生まれ。青森県青森市出身。2014年に北澤と共に加入。中部電力長野営業所勤務(2015年入社)。
鈴木みのり (すずき みのり)
2001年9月生まれ。長野県軽井沢町出身。2020年より加入。2019年度世界ジュニアカーリング選手権4位。
和田博明 (わだ ひろあき) - 部長
清水絵美 (しみず えみ) - マネージャー
1990年12月21日生まれ。長野県軽井沢町出身。2005年の第13回日本ジュニアカーリング選手権優勝(チーム掛川)。
中部電力用地部勤務(2009年4月入社)。北海道コンサドーレ札幌の清水徹郎は兄。
2017年シーズン限りで選手を引退。2018年シーズン以降は日本選手権などでリザーブメンバーとして登録。
両角友佑 (もろずみ ゆうすけ) - コーチ
2018年平昌オリンピック男子カーリング日本代表。自身の選手活動と並行して2018年12月よりコーチに就任[5]

過去の所属選手[編集]

市川美余 (いちかわ みよ) - サード
1989年6月28日生まれ。長野県軽井沢町出身。同部所属の清水絵美、佐藤美幸とは、カーリングチーム「wish」以来のチームメイト。2005年の第13回日本ジュニアカーリング選手権優勝(チーム掛川)。
中部電力上田営業所勤務(2008年4月入社)。2014年5月に退部。
佐藤美幸 (さとう みゆき) - フィフス
1989年12月26日生まれ。長野県軽井沢町出身。2005年の第13回日本ジュニアカーリング選手権優勝(チーム掛川)。また、2007年の第24回日本選手権ではチーム長野に5thとして参加し、決勝戦を含む複数の試合に出場、準優勝に貢献した[6]
中部電力佐久営業所勤務(2008年4月入社)。2014年5月に退部。
藤澤五月 (ふじさわ さつき) - スキップ
1991年5月24日生まれ。北海道北見市出身。
北見市のカーリングチーム「ステイゴールドII」[7]で中学時代から頭角を表し、北見北斗高校[8]1年から2年にかけ、ステイゴールドII のスキップとして第16回・第17回日本ジュニアカーリング選手権[9][10]とパシフィックジュニアカーリング選手権2008・2009[11][12]を連覇。2008年と2009年の世界ジュニアカーリング選手権に連続して出場し、参加10チーム中7位[13]、同じく10位[14]となる。
高校3年だった2009年8月に中部電力カーリング部に入部し、チームが結成された[1]。最年少ながらここでもスキップをつとめる。
中部電力佐久営業所勤務(2010年4月入社)。
2015年4月に退社し、出身地のクラブチームであるロコ・ソラーレに移籍した。

戦績[編集]

大会 / シーズン 09–10 10–11 11–12 12–13 13–14 14–15 15-16 16–17 17–18 18–19 19–20
世界選手権 7 4
パシフィックアジア選手権 4 2 2
日本選手権 3 1 1 1 1 6 1 3 1 2
中部選手権 1 1 Q
関東・中部ジュニア 1 1

以下は抜粋である。より詳細な戦績は公式サイトを参照のこと[1]

2009-2010シーズン[編集]

  • カナダ遠征(ワールドカーリングツアー2試合参戦)
  • 12月2日-6日:第18回日本ジュニアカーリング選手権大会(長野県軽井沢町)出場、参加8チーム中3位[15]
  • 3月6日-11日:第27回日本カーリング選手権(北海道北見市常呂)出場、参加9チーム中3位[16]

2010-2011シーズン[編集]

  • カナダ遠征(ワールドカーリングツアー4試合参戦)
  • 1月26日-30日:軽井沢国際カーリング選手権2011出場、参加8チーム中2位。
  • 2月8日-13日:第28回日本カーリング選手権(北海道名寄市)出場、優勝(参加8チーム)[17]

2011-2012シーズン[編集]

  • 8月20日-28日:ウィンターゲームズ・ニュージーランド2011出場、参加5チーム中3位
  • カナダ遠征(ワールドカーリングツアー3試合参戦、5位1回)
  • 11月19日-26日:2011年パシフィックアジアカーリング選手権(中国)出場、4位(参加4か国)
  • 1月25日-29日:軽井沢国際カーリング選手権2012出場
  • 2月9日-14日:第29回日本カーリング選手権(青森県青森市)出場、優勝(参加8チーム)

2012-2013シーズン[編集]

2013-2014シーズン[編集]

2014-2015シーズン[編集]

2015-2016シーズン[編集]

  • 12月17日-20日:軽井沢国際カーリング選手権2015出場

2016-2017シーズン[編集]

  • 7月15日-18日:2016アドヴィックスカップ(北海道北見市)出場、予選敗退(参加16チーム)
  • 1月30日-2月5日:第34回日本カーリング選手権(長野県軽井沢町)出場、優勝(参加9チーム)

2017-2018シーズン[編集]

  • 7月14日-17日:2017アドヴィックスカップ(北海道北見市)出場、予選敗退(参加16チーム)
  • 9月8日-10日:平昌オリンピック日本代表決定戦(北海道北見市)出場、敗退(参加2チーム)
  • 12月13日-17日:軽井沢国際カーリング選手権2017出場
  • 1月28日-2月4日:第35回日本カーリング選手権(北海道名寄市)出場、3位(参加9チーム)

2018-2019シーズン[編集]

2019-2020シーズン[編集]

ワールドカーリングツアー[編集]

グランドスラム[編集]

ワールドカーリングツアーにおける最高峰の大会シリーズであるグランドスラムの成績。

略語の説明
C 優勝
F 準優勝
SF ベスト4
QF ベスト8
R16 ベスト16
Q 予選敗退
T2 ティア2(2部)出場
DNP 大会不参加
N/A 開催せず
大会 / シーズン 13-14
マスターズ Q

旧グランドスラム[編集]

大会 / シーズン 11–12 12–13 13–14 14–15
マニトバ・ロト Q DNP Q DNP
オータムゴールド DNP DNP Q SF

脚注[編集]

  1. ^ a b c d チーム情報”. 中部電力カーリング部公式サイト. 2013年9月17日閲覧。
  2. ^ 中部電力創部2季目、五輪を射程 カーリング日本選手権”. 朝日新聞社 (2011年2月14日). 2011年2月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年9月17日閲覧。
  3. ^ “美人すぎるカー娘”市川 取材殺到も「お断り」”. スポーツニッポン (2011年2月17日). 2013年9月17日閲覧。
  4. ^ メディアの方へ”. 中部電力カーリング部公式サイト. 2013年9月17日閲覧。
  5. ^ カーリング中部電力、両角友佑氏をコーチに 平昌五輪代表”. www.nikkei.com (2018年12月14日). 2020年3月15日閲覧。
  6. ^ 第24回日本カーリング選手権”. 日本カーリング協会. 2013年9月17日閲覧。
  7. ^ 日本ジュニアカーリング選手権”. オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩 (2007年12月15日). 2013年9月17日閲覧。
  8. ^ カーリング女子、中部電が初優勝 青森の6連覇阻む 男子は常呂V”. 北海道新聞 (2011年2月13日). 2011年2月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年9月17日閲覧。
  9. ^ 第16回日本ジュニアカーリング選手権結果”. 日本カーリング協会. 2013年9月17日閲覧。
  10. ^ 第17回日本ジュニアカーリング選手権結果”. 日本カーリング協会. 2013年9月17日閲覧。
  11. ^ Pacific Junior Curling Championships 2008”. 世界カーリング連盟. 2013年9月17日閲覧。
  12. ^ Pacific Junior Curling Championships 2009”. 世界カーリング連盟. 2013年9月17日閲覧。
  13. ^ World Junior Curling Championships 2008”. 世界カーリング連盟. 2013年9月17日閲覧。
  14. ^ World Junior Curling Championships 2009”. 世界カーリング連盟. 2013年9月17日閲覧。
  15. ^ JOCジュニアオリンピックカップ 第18回日本ジュニアカーリング選手権大会”. 長野カーリング協会. 2013年9月17日閲覧。
  16. ^ 第27回日本カーリング選手権大会”. 常呂カーリングホール 公式サイト (2010年3月11日). 2013年9月17日閲覧。
  17. ^ 第28回 全農 日本カーリング選手権大会”. 日本カーリング協会. 2013年9月17日閲覧。
  18. ^ 第37回 全農日本カーリング選手権大会”. 日本カーリング協会 (2020年). 2020年3月15日閲覧。

関連項目[編集]

同じ軽井沢アイスパークを拠点とする男子カーリングチーム。かつて同クラブの長岡はと美コーチが当カーリング部のコーチを兼任していた時期もあった。