中里村 (新潟県刈羽郡)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中里村
廃止日 1949年7月1日
廃止理由 新設合併
中里村横沢村武石村七日町村小国村
現在の自治体 長岡市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
甲信越地方
都道府県 新潟県
刈羽郡
隣接自治体 七日町村、横沢村、上小国村
北魚沼郡小千谷町城川村
中里村役場
所在地 新潟県刈羽郡中里村大字法坂[1]
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

中里村(なかさとむら)は、かつて新潟県刈羽郡にあった

沿革[編集]

  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制施行に伴い刈羽郡上谷内村新田、相ノ原村、新町村、二本柳村、法坂村、桐沢村が合併し、中里村が発足。村役場は旧新町村に設置[2]
  • 1910年(明治43年)から 1926年大正15年)の間に、村役場を大字新町[3]より大字法坂[4]へ移転。
  • 1949年昭和24年)7月1日 - 刈羽郡横沢村、武石村、七日町村と合併し、小国村となり消滅。

行政[編集]

歴代村長[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 『市町村名変遷辞典』東京堂出版、1990年。
  • 『全國市町村便攬 六版』 全國教育圖書、1949年9月5日
  • 『明治廿三年六月刊行 新潟県市町村名全書』 桜井書店、1890年6月18日
  • 『明治四十二年十二月改正 新潟県市町村名全書』 精華堂、1910年8月19日
  • 『全国市町村便覧 : 三府四十三県北海道朝鮮台湾樺太関東洲其他』 藤谷崇文館、1926年2月10日
  • 『新潟県年鑑(昭和八年度版)』 新潟県年鑑社、1933年3月25日
  • 『新潟県年鑑(昭和九年度版)』 新潟毎日新聞社、1933年12月31日
  • 『新潟県年鑑(昭和十年版)』 新潟毎日新聞社、1934年12月7日
  • 『新潟県年鑑(昭和十一年版)』 新潟毎日新聞社、1936年1月5日
  • 『新潟県年鑑(昭和十六年版)』 新潟毎日新聞社、1940年12月1日
  • 『新潟県年鑑(昭和十七年版)』 新潟日日新聞社、1941年11月20日
  • 『新潟県年鑑(昭和十八年版)』 新潟日報社、1942年12月10日
  • 『新潟県年鑑(昭和十九年版)』 新潟日報社、1943年12月20日
  • 『新潟県年鑑(昭和二十年版)』 新潟日報社、1944年12月31日

関連項目[編集]