中野不二男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中野 不二男
誕生 (1950-10-23) 1950年10月23日(68歳)
新潟県
職業 ノンフィクション作家ジャーナリスト
国籍 日本の旗 日本
代表作 『カウラの突撃ラッパ』、『レーザー・メス 神の指先』
主な受賞歴 日本ノンフィクション賞、大宅壮一ノンフィクション賞
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

中野 不二男(なかの ふじお、1950年10月23日[1] - )は、日本ノンフィクション作家、科学・技術ジャーナリスト

略歴・人物[編集]

新潟県新潟市生まれ。1978年オーストラリアへ渡り、シドニーのエンジニアリング会社技術部に勤務するかたわらオーストラリア国立アボリジニ研究所 Australian Institute of Aboriginal Studies(現オーストラリア・アボリジニ・トレス海峡諸島民文化研究所 Australian Institute of Aboriginal and Torres Strait Islander)、連邦政府アボリジニ省(Department of Aboriginal Affairs)等の助成を受けて、都市と地方における先住民アボリジニー社会、同化政策の影響など広範囲を調査し、土地権運動にもかかわった。いっぽうで太平洋戦争中のオーストラリアと日本の関係にも強い関心をもち、カウラ事件の背景について首謀者とみなされていた捕虜(零戦パイロット)の行動、機体の残骸などを緻密に調査し、ノンフィクション作品『カウラの突撃ラッパ』にまとめた。

1982年に帰国してからは、ノンフィクション作家として執筆活動に入るが、同時に国立民族学博物館の「アボリジニー社会の研究」に共同研究員として参加している。

1980年代後半から、科学技術に関する著書を多数執筆。特に航空宇宙分野でジャーナリストとして活動するかたわら、宇宙政策シンクタンク宙の会の代表幹事をつとめる。

アボリジニ研究の中で梅棹忠夫と出会い、梅棹の考案した京大式カードの愛用者となる。のちにパソコンに移行する中で、その知的生産術を『メモの技術』としてまとめた。

日本大学中退、東京大学大学院博士課程修了、工学博士(東京大学工学系研究科)。

主な著書[編集]

訳書[編集]

  • チャールズ・パーキンス 『黒い私生児』 くもん出版、1987年
  • アーミン・ヘルマン 『ツァイス 激動の100年』 新潮社、1995年

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.459

関連項目[編集]