中野佐資

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中野 佐資
180x258px
現役引退後
(2003年 静岡・草薙球場での巨人 × 阪神OB戦にて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 栃木県栃木市
生年月日 (1963-01-07) 1963年1月7日(55歳)
身長
体重
169 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1985年 ドラフト2位
初出場 1986年9月3日
最終出場 1993年7月30日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴
  • ガッツ全栃木野球クラブ

中野 佐資(なかの さとる、1963年1月7日 - )は、栃木県栃木市出身の元プロ野球選手外野手、左投左打)・野球指導者。

来歴・人物[編集]

国学院栃木高校三菱重工横浜入社当時は投手。のちに野手に転向し、主に一塁・右翼を守る。1984年都市対抗三菱自動車川崎の補強選手として出場。2試合連続本塁打を放つが、準々決勝で日本楽器に敗退。1985年第13回アジア野球選手権大会日本代表に選出され、同年の都市対抗でも日本石油に補強され活躍。

同年には阪神にドラフト2位指名を受け外野手として入団。1988年、同年より就任した村山実監督から「(入団当初から付けていた)13は投手の背番号だ」と言われた[1]ことで阪神タイガースでは初めて背番号0を背負い、また大野久和田豊の三人で少年隊と呼ばれた。同年から佐野仙好に代り左翼手の定位置を獲得する。4月14日の甲子園球場『阪神対巨人』戦で桑田真澄から勝ち越し打を放った[2]1989年には17死球でセ・リーグ最多死球を記録した。しかし、1992年には外野手に転向した八木裕や同年台頭した新庄剛志にレギュラーを譲ったことで出場機会が減少、周りからは引き留められたというが1993年限りで自らの意思で引退[1]

2002年より、社会人野球クラブチームガッツ全栃木野球クラブの選手兼監督も務めていたが、現在は退任。

2005年プロ野球マスターズリーグのセレクションに合格。大阪ロマンズに所属。2006年、東京ドリームスに移籍した。2006-2007シーズン ベストナインとファインプレー賞を受賞。

現在、埼玉県のスポーツデポ北本店に勤務、野球アドバイザーをする傍ら少年野球の指導も行っている[3][1]。 2011年8月刊行のベースボールマガジン社「熱中!野球部 Vol.6(ヒットエンドラン9月号増刊)」の記事「元プロが教えるグラブのお手入れ法」を監修。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1986 阪神 3 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1987 7 8 8 1 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .125 .125 .125 .250
1988 108 300 274 35 65 13 6 4 102 25 3 3 4 1 12 2 9 49 2 .237 .291 .372 .663
1989 124 330 287 41 77 16 5 11 136 41 9 5 8 2 16 0 17 40 5 .268 .342 .474 .815
1990 96 205 176 27 46 3 2 3 62 11 6 6 1 1 21 0 6 28 4 .261 .358 .352 .710
1991 114 265 229 32 48 11 1 8 85 18 6 3 5 1 19 0 11 47 0 .210 .300 .371 .671
1992 72 63 52 12 10 1 0 2 17 6 0 2 0 0 9 1 2 16 1 .192 .333 .327 .660
1993 5 3 3 0 1 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .333 .333 .333 .667
通算:8年 529 1176 1031 148 248 44 14 28 404 102 24 19 18 5 77 3 45 182 12 .241 .320 .392 .711
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

背番号[編集]

  • 13 (1986年 - 1987年)
  • 0 (1988年 - 1993年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 日刊スポーツ大阪本社版、2018年6月12日3面『あの猛虎は今』
  2. ^ 猛虎人国記(11)~栃木県 村山を泣かせた中野の一打
  3. ^ 週刊ベースボール2012年4月16日号 P14

関連項目[編集]