中野博之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
なかの ひろゆき
中野 博之
生誕 1977年????[1]
日本の旗 日本福井県越前市[1]
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画編集者
肩書き 週刊少年ジャンプ第11代編集長
任期 2017年6月 -
前任者 瓶子吉久

中野 博之(なかの ひろゆき、1977年[1] - )は日本漫画編集者集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』の第11代目編集長福井県越前市出身[1]

略歴[編集]

2000年に集英社に入社。週刊少年ジャンプ編集部に配属され、その後約12年間在籍する[2]

2011年には週刊少年ジャンプ編集部から独立した『最強ジャンプ』編集部の副編集長となるが、2014年の組織改編で最強ジャンプ編集部が週刊少年ジャンプ編集部の下に組み込まれた事に伴って週刊少年ジャンプ編集部に戻り、同編集部の副編集長を務める[2]

2017年6月より、週刊少年ジャンプ第11代編集長に就任している[2]

担当作品[編集]

人物[編集]

  • 毎年、バレンタインデーには編集部でチョコレートを配っており、大石浩二や松井優征らも貰ったことを明かしている[8][9]。だが現在は行っていない[10]
  • 週刊少年ジャンプの副編集長になって以降、同誌の部数が伸びるまで大好きなビールを飲まないと宣言している[1]
  • 部数を多めに準備して臨んだ『トリコ』の単行本1,2巻の同時刊行初日に書店に立ち寄ったところ同作が置かれていなかったため店員に尋ねると「人気ですぐ売り切れた」と言われ、感激のあまり帰りの電車内で大泣きした[4]

モデルとなったキャラクター[編集]

ビューティー中野
いぬまるだしっ』(大石浩二)に登場。メイク、スタイリストで週刊少年ジャンプの読者プレゼントコーナーを担当している。
中野博之
バクマン。』(大場つぐみ小畑健)に本人役で登場。作品内の架空の漫画雑誌「必勝ジャンプ」で連載している漫画家・亜城木夢叶の担当に就いている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 少年ジャンプ編集長が語る「天敵」 福井県越前市出身の中野博之さん(2/2)”. 福井新聞 (2018年12月20日). 2018年12月26日閲覧。
  2. ^ a b c 週刊少年ジャンプ中野博之編集長①「実写化できないほどの強いキャラクターがジャンプの誇り」”. マンナビ (2017年10月9日). 2018年12月26日閲覧。
  3. ^ a b c 週刊少年ジャンプ中野博之編集長②「血が通ったセリフが、キャラクターを立たせる」”. マンナビ (2017年10月16日). 2018年12月26日閲覧。
  4. ^ a b 週刊少年ジャンプ中野博之編集長③「編集者は作家の敵になれないと、ヒット作は作れない」”. マンナビ (2017年10月23日). 2018年12月26日閲覧。
  5. ^ マンガ質問状:「べるぜバブ」 ベル坊の可愛さが魅力 最強・最凶っぷりの表現に毎週苦労”. MANTANWEB (2010年11月8日). 2018年12月26日閲覧。
  6. ^ 少年ジャンプ編集長が語る「天敵」 福井県越前市出身の中野博之さん(1/2)”. 福井新聞 (2018年12月20日). 2018年12月26日閲覧。
  7. ^ 【前編】創刊50周年の週刊少年ジャンプ編集長は、なんと福井県出身!!ふーぽが特別インタビューしてきたよ! | 福井の旬な街ネタ&情報ポータル読みもの ふーぽ 4ページ目[リンク切れ]
  8. ^ 『いぬまるだしっ』4巻作者コメント
  9. ^ 週刊少年ジャンプ2018年48号掲載『編集なんてろくなもんじゃない』
  10. ^ サンドウィッチマンの週刊ラジオジャンプ - 9月9日放送分