中野寛也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中野 寛也(なかの ひろなり、昭和44年(1969年)6月3日 - )は、囲碁棋士広島県呉市出身、日本棋院中部総本部所属、島村俊廣九段門下、九段。

王冠戦優勝2回、十段戦挑戦1回。2011年度前期「NHK囲碁講座」に出演。好戦的な棋風から「戦い王子」の異名を持つ。

経歴[編集]

島村俊廣九段に入門。1985年、入段。

1995年、第10期NEC杯俊英トーナメント森田道博に勝利し優勝、第51期本因坊戦リーグ入り。

1997年、九段。第38期王冠戦山城宏王冠を破りタイトル奪取。

1998年、第39期王冠戦で山城宏九段を破りタイトル防衛。

2000年、第38期十段戦挑戦者。小林光一十段に挑むも0勝で敗退[1]

2010年、通算700勝。第19期竜星戦決勝進出も山下敬吾本因坊に敗れ、準優勝。

2012年、第53期王冠戦挑戦者。

2013年、2年連続羽根直樹王冠に挑むが、タイトル奪取はならず。

著書[編集]

  • 『戦いの“碁力”(NHK囲碁シリーズ)』2011年

脚注[編集]

[ヘルプ]