中野晴行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中野晴行(なかの はるゆき、1954年 - )は、フリーライター漫画評論家東京都生まれ、大阪府出身[1]

来歴[編集]

東京都生まれ。父の転勤で小学三年生から大阪府で育つ[2]和歌山大学経済学部卒業後、7年間の銀行勤務を経て大阪で編集プロダクションを設立、以後フリー編集者兼ライターとなる。

1997年に事務所を東京へ移転。2004年『マンガ産業論』で日本出版学会賞奨励賞、日本児童文学学会奨励賞を受賞。『謎のマンガ家・酒井七馬伝』で2008年度日本漫画家協会賞特別賞を受賞。京都精華大学マンガ学部客員教授、デジタルハリウッド大学客員教授。手塚治虫文化賞選考委員。

著書[編集]

  • 『手塚治虫と路地裏のマンガたち』(1993年、筑摩書房
  • 『手塚治虫のタカラヅカ』(1994年、筑摩書房)
  • 『球団消滅 幻の優勝チーム・ロビンス田村駒治郎』(2000年、筑摩書房)のち文庫 
  • 『Black Jack ザ・コンプリート・ダイジェスト』(2003年、監修:手塚プロダクション、秋田書店
  • 『Black Jack quiz 101』(2003年、監修:手塚プロダクション、秋田書店)
  • 『ブラック・ジャック語録 心の傷を治す99の言葉』(2003年、監修:手塚プロダクション、秋田書店)
  • 『マンガ家誕生。』(2004年、ちくま文庫
  • 『マンガ産業論』(2004年、筑摩書房)
  • 『そうだったのか手塚治虫 天才が見抜いていた日本人の本質』(2005年、祥伝社新書
  • 『謎のマンガ家・酒井七馬伝 「新宝島」伝説の光と影』(2007年、筑摩書房)
  • 『マンガ進化論 コンテンツビジネスはマンガから生まれる!』(2009年、ブルース・インターアクションズ
  • 杉浦茂の摩訶不思議世界 へんなの…』(2009年、晶文社
  • 『「はとバス」六〇年 昭和、平成の東京を走る』(2010年、祥伝社新書)
  • 『まんがのソムリエ』(2014年、小学館クリエイティブ
  • やなせたかし 愛と勇気を子どもたちに』あかね書房 伝記を読もう 2016

監修[編集]

  • 『漫画家たちが描いた日本の歴史』(監修)金の星社、2014 
  • 『漫画家たちが描いた怪談』(監修)金の星社 2015
  • 『漫画家たちが描いた仕事 プロフェッショナル』(監修)金の星社、2016

脚注[編集]

  1. ^ 東京新聞:<マンガ家たちの東京物語>(3)”. 東京新聞(TOKYO Web) (2017年8月29日). 2018年4月8日閲覧。
  2. ^ 『現代日本人名録』2002年