中野栄三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中野 栄三郎(なかの えいざぶろう、1887年明治20年)4月 - 没年不明)は、日本実業家。野田醤油(現・キッコーマン)社長[1]。小網商店無限責任社員[2][3]。旧姓は茂木

人物[編集]

千葉県東葛飾郡野田町(現・千葉県野田市)出身。茂木七郎右衛門の二男[4]。茂木順三郎の弟[2][3]。叔父・中野長兵衛の養子となった[4]1912年慶應義塾大学部法律科卒業[5][6]1936年、養父退隠により家督を相続した[2]

野田醤油社長[1]、同社常務取締役、柏屋商事、銚子醤油(現・ヒゲタ醤油)、満州野田醤油、野田運輸、総武鉄道取締役野田商誘銀行監査役等をつとめた[2][3]。趣味は柔道[2][3][4]。宗教は真言宗[2][3][4]

家族・親族[編集]

中野家

千葉県東葛飾郡野田町[2]

  • 叔父、養父・長兵衛(千葉県多額納税者、醤油問屋業)
1864年 -
  • 妻・エイ(東京、大野屋、太物商・前田兼七の二女)[7]
1895年 -
  • 養子・武四郎(千葉、高梨兵左衛門の四男)[8][9]
1911年 -
1935年、慶應義塾大学法学部法律科卒業[6]
1927年 -
1929年 -
  • 女・良子(養子・武四郎の妻)[9]
1914年 -
1917年 -
1920年 -
親戚

脚注[編集]

  1. ^ a b 『豪閥 地方豪族のネットワーク』125-136頁。
  2. ^ a b c d e f g 『人事興信録 第12版 下』ナ71頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年2月23日閲覧。
  3. ^ a b c d e 『人事興信録 第13版 下』ナ69頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年11月10日閲覧。
  4. ^ a b c d 『大衆人事録 第14版 北海道・奥羽・関東・中部篇』千葉24頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年2月23日閲覧。
  5. ^ 『慶応義塾総覧 昭和4年』第十九章 卒業生 45頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年2月23日閲覧。
  6. ^ a b 『慶応義塾塾員名簿 昭和17年版』282-283頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年2月25日閲覧。
  7. ^ a b 『人事興信録 第9版』マ16頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年2月24日閲覧。
  8. ^ a b 『人事興信録 第4版』た81頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年2月25日閲覧。
  9. ^ a b c d e f 『人事興信録 第14版 下』ナ66頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年2月25日閲覧。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第4版』人事興信所、1915年。
  • 慶応義塾編『慶応義塾塾員名簿 昭和17年版』慶応義塾、1924-1942年。
  • 慶応義塾編『慶応義塾総覧 昭和4年』慶応義塾、1929年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第9版』人事興信所、1931年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第12版 下』人事興信所、1940年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第13版 下』人事興信所、1941年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第14版 下』人事興信所、1943年。
  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第14版 北海道・奥羽・関東・中部篇』帝国秘密探偵社、1943年。
  • 森川英正『日本財閥経営史 地方財閥』日本経済新聞社、1985年。
  • 佐藤朝泰『豪閥 地方豪族のネットワーク』立風書房、2001年。