中野邦一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
中野邦一

中野 邦一(なかの ほういち、1884年明治17年)10月25日 - 1965年昭和40年)4月13日)は、日本の内務官僚政治家弁護士。官選県知事衆議院議員

経歴[編集]

佐賀藩士・木村清の長男として佐賀県佐賀郡西与賀村(現:佐賀市)で生まれる。母が中野方蔵の姪という関係から中野家の養嗣子となった。山口高等学校を経て、1909年東京帝国大学法科大学法律学科(英法)を卒業。1910年11月、文官高等試験行政科試験に合格し、内務省に入り警視庁警部となる。

以後、警視庁警視、芝西久保警察署・本郷駒込警察署・浅草南元町警察署の各署長、高知県愛知県の各理事官香川県警察部長、岡山県警察部長、宮城県警察部長、京都府警察部長、愛媛県内務部長、秋田県書記官・内務部長などを歴任。

1926年9月、秋田県知事に就任。1927年5月17日に休職となる[1]。以後、石川県岡山県新潟県の各知事を務めた。1931年12月18日、犬養内閣が成立すると新潟県知事を依願免本官となり退官した[2]

1936年2月、第19回衆議院議員総選挙に佐賀県第一区で立憲民政党 から出馬し当選。1937年4月の第20回総選挙でも当選し、衆議院議員を連続二期務めた。その他、東京市助役、立憲民政党総務などを務め、その後、弁護士として活動した。

1965年4月13日死去。享年80。

著作[編集]

  • 『皇道の真意義』固本盛国社、1940年。

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第113号、昭和2年5月18日。
  2. ^ 『官報』第1493号、昭和6年12月19日。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。