中野電車区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
構内

中野電車区(なかのでんしゃく)は、東京都中野区にある東日本旅客鉄道(JR東日本)東京支社運転士が所属する組織である。

かつては、中央・総武緩行線用(カナリア色)の車両が配置されていたこともあったが、国鉄末期の区所統合に伴い全車が三鷹電車区に転属となり、車両配置がなくなった。

配置車両の車体に記されていた略号[編集]

東カノ」→「西カノ」…東京鉄道管理局を意味する1969年以降は東京西鉄道管理局を意味する西と、中野を意味するカノから構成されていた。

歴史[編集]

その他[編集]

  • 中央・総武緩行線で運用されていた201系中央線快速系統のような分割・併合を行う運用はなかったが、6両+4両の分割編成で投入された。これは当区の検査線の有効長が10両に満たず、検査時に編成を分割するためであった。
  • 2010年~2015年、11月に「働く車両大集合」と称した公開イベントが行われた(事前抽選による入場限定制)。

関連項目[編集]

座標: 北緯35度42分19.8秒 東経139度40分13.8秒 / 北緯35.705500度 東経139.670500度 / 35.705500; 139.670500