中電シーティーアイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社中電シーティーアイ
ChudenCTI Co., Ltd.
Higashisakura Building No.1 20140728.JPG
本社が入居する東桜第一ビル(2014年7月)
種類 株式会社
略称 中電CTI
本社所在地 日本の旗 日本
461-0005
愛知県名古屋市東区東桜一丁目3番10号
東桜第一ビル[1]
北緯35度10分24.8秒
東経136度54分40.9秒
座標: 北緯35度10分24.8秒 東経136度54分40.9秒
設立 2003年平成15年)10月1日[2]
業種 情報・通信業
法人番号 5180001035980
代表者 代表取締役社長 田中孝明[2]
資本金 25億円
売上高 429億円(2018年度)[2]
従業員数 1149名(2019年6月現在)[2]
主要株主 中部電力株式会社 100%[2]
外部リンク http://www.cti.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社中電シーティーアイ(ちゅうでんシーティーアイ、ChudenCTI Co., Ltd.)は、愛知県名古屋市東区に本社を置く中部電力グループのシステムインテグレーターユーザー系)である。

沿革[編集]

  • 1978年昭和53年)8月 - 「中電コンピューターサービス株式会社」が設立。[3]
  • 1989年平成元年)6月 - 「株式会社コンピュータ・テクノロジー・インテグレイタ」が設立。[3]
  • 1999年(平成11年)7月 - 株式会社コンピュータ・テクノロジー・インテグレイタは、「株式会社シー ティー アイ」に商号を変更。[3]
  • 2003年(平成15年)10月1日 - 株式会社シー ティー アイと中電コンピューターサービス株式会社の合併により、「株式会社中電シーティーアイ」となる。[3]
  • 2008年(平成20年)2月 - 中部電力の100%子会社となる。[3]
  • 2012年(平成24年)8月 - グループIT基盤サービス開始。[4]
  • 2013年(平成25年)10月 - 電子認証事業終了。[4]
  • 2015年(平成27年)5月 - データセンター新規運用開始。[4]
  • 2015年(平成27年)7月 - マスコットキャラクター「イットちゃん」誕生。[4]
  • 2015年(平成27年)10月 - 東京事務所開設。[4]
  • 2016年(平成28年)1月 - 小売電気事業者向けデータ連携ソフトウェア「PowerWatch LINK」販売開始。[4]
  • 2016年(平成28年)8月 - 資本金を1億円に減資。[4]
  • 2016年(平成28年)11月 - 超高速開発ツール「イットbuilder」販売開始。[4]

業務内容[編集]

中部電力100%出資の連結子会社であることから主たる業務は、中部電力情報システムの設計・開発構築・運用であるが、それ以外にはデータセンター業務や環境解析業務等を行っている[5]

事業所[編集]

  • 東桜第一ビル(本社)(愛知県名古屋市東区)[1]
  • 正木ビル(愛知県名古屋市中区[1]
  • テレピアビル(愛知県名古屋市東区)[1]
  • 名駅南ビル(愛知県名古屋市中村区[1]
  • 稲永ビル(愛知県名古屋市港区[1]
  • 浜岡事業所(静岡県御前崎市[1]
  • 中電ビル西館(愛知県名古屋市東区)[1]
  • フォーティーンヒルズセンタービル(愛知県名古屋市中区)[1]
  • NTPプラザ東新町ビル(愛知県名古屋市東区)[1]
  • 西池袋MTビル(東京都豊島区[1]
  • 上海事務所(中国上海市[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l 事業所一覧 - 会社HP内
  2. ^ a b c d e 会社概要 - 会社HP内
  3. ^ a b c d e 沿革 - 会社HP内
  4. ^ a b c d e f g h 沿革 - 会社案内 - 中電シーティーアイ”. 2019年4月8日閲覧。
  5. ^ 事業の紹介メニュー - 会社HP内

関連項目[編集]