串原義直

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

串原 義直(くしはら よしなお、1926年9月7日[要出典] - 2008年10月21日)は、日本政治家日本社会党に所属し、衆議院議員を4期務めた[1]

来歴[編集]

長野県下伊那郡下條村出身。1945年旧制下條実科中卒。地元の農協に勤務した後、代議士秘書となった[1]飯田市議会議員を2期、長野県議会議員を4期務めた[1]1979年の総選挙旧長野3区から社会党公認で立候補したが落選。次の1980年の総選挙で初当選し、4期務めた[1]1993年の総選挙で落選、1996年の飯田市長選に立候補したが落選。その後、長野県日中交流協会会長[2]、信州日報社会長などを務めた[1]

2008年10月21日、大腸癌のため飯田市内の病院で死去、82歳没[1]

おもな著書[編集]

  • 私の見た中国、日中友好協会、1973年
  • 渓流閑話、白文社、1979年
  • 燃えよアフリカ、銀河書房、1985年

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f “串原義直氏死去”. 中日新聞・朝刊: p. 27. (2008年10月22日)  - 中日新聞・東京新聞記事データベースにて閲覧
  2. ^ 串原義直、夏祖芬「21世紀に向けての日中友好協力関係を目指して--串原義直長野県日中交流協会会長・前衆議院議員に聞く」、『北京週報』第37巻第43号、1999年10月26日、 23-24頁。 NAID 40005208592

参考文献[編集]