串間温泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Hot springs 001.svg串間温泉 いこいの里
温泉情報
所在地 宮崎県串間市大字本城987
交通 JR日南線串間駅より車で約10分
よかバス・串間温泉下車すぐ
泉質 ナトリウム - 炭酸水素塩泉
泉温(摂氏 39.3 ℃
湧出量 338.7リットル/分
pH 8.4
液性の分類 弱アルカリ性
外部リンク 串間温泉 いこいの里
テンプレートを表示
よかバスの「串間温泉」バス停

串間温泉(くしまおんせん)は、宮崎県串間市にある温泉である。

概要[編集]

砂岩頁岩層(日南層群)の地下1000mの深層より湧出している温泉。液性は弱アルカリ性(pH=8.4)であり、美肌に効果があるといわれている。[1][2]

入浴施設は本館の「リフレ館」と、露天風呂がある「湯ったり館」に分かれている。料金や利用時間もそれぞれ異なっているが、共通入浴券を購入すると両方を利用することができる。

2015年11月現在、施設の指定管理者には「株式会社スチールユニオン」が指定されている[3]

温泉データ[編集]

  • 泉質:炭酸水素塩泉
  • 泉温:39.3℃
  • 液性:pH = 8.4(弱アルカリ性)
  • 湯量:338.7リットル/分
  • 飲用:可
  • 宿泊施設:本館1階・2階(和室)、コテージ(全5棟)、大広間(団体用)等。

効能[編集]

  • 【浴用】:きりきず、やけど、慢性皮膚病、神経痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進
  • 【飲用】:慢性消化器病、糖尿病、通風、肝臓病

施設[編集]

いこいの里(本館)

アクセス[編集]

レジオネラ菌検出による臨時休館[編集]

2011年9月と11月に指定管理者であるMKホールディングスが行った定期検査でレジオネラ菌が検出されたが、それによる旅館業法施行条例に則った措置の報告を管理者が怠ったとして、串間市は健康被害の確認や施設の安全安心の確保をする必要から指定管理業務の全停止を命じた。このため2012年4月6日より当分の間休館することとなった。[4]

その後、各施設の全面消毒や水質検査の安全確認等を行い、指定管理者を串間青果地方卸売市場へと変更して、同年11月18日より営業を再開した[5]

周辺[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 串間温泉 いこいの里 - 公式ホームページ
  2. ^ 串間温泉いこいの里(宮崎県) - よかとこBY・写真満載九州観光/観光と温泉
  3. ^ 公式Facebookの書き込みより。
  4. ^ 串間市へようこそ - 串間温泉いこいの里臨時休館のお知らせ 串間市ホームページ
  5. ^ 串間温泉 いこいの里 再開のお知らせ - 串間市へようこそ