丸の内入口

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
丸の内入口
Nagoya Expressway Marunouchi Entrance 20150802.JPG
所属路線 名古屋高速都心環状線
IC番号 R08
料金所番号 41-105
本線標識の表記 丸の内
起点からの距離 7.7km(東片端JCT起点)
(1.6km) 東片端JCT
供用開始日 1999年11月11日
通行台数 4,197台/日(2014年度)
所在地 460-0001
愛知県名古屋市中区三の丸一丁目
テンプレートを表示

丸の内入口(まるのうちいりぐち)は、愛知県名古屋市中区三の丸一丁目にある名古屋高速道路都心環状線に接続するインターチェンジであり、伏見通国道22号)の南行き車線に接続している。この入口は、都心環状線の着工後に追加が決まったインターチェンジである。

道路[編集]

歴史[編集]

利用台数[編集]

名古屋市統計年鑑による利用台数の推移

1999年(平成11年)度 259905台[1]
2000年(平成12年)度 889237台[1]
2001年(平成13年)度 1156519台[2]
2002年(平成14年)度 1417834台[2]
2003年(平成15年)度 1585051台[2]
2004年(平成16年)度 1683298台[3]
2005年(平成17年)度 1717433台[3]
2006年(平成18年)度 1761012台[3]
2007年(平成19年)度 1652548台[4]
2008年(平成20年)度 1397695台[4]
2009年(平成21年)度 1362574台[4]
2010年(平成22年)度 1375591台[5]
2011年(平成23年)度 1415008台[5]
2012年(平成24年)度 1479907台[5]
2013年(平成25年)度 1554561台[6]

[編集]

名古屋高速都心環状線
(R07) 丸の内出口/'(R08) 丸の内入口' - 東片端JCT - (R01) 東新町出口

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 名古屋市総務局企画部統計課統計係 (2008年8月28日). “平成13年版名古屋市統計年鑑 11.運輸・通信 11-14.名古屋高速道路の車種別、料金所別利用台数 (XLS)” (日本語). 名古屋市. 2015年9月4日閲覧。
  2. ^ a b c 名古屋市総務局企画部統計課統計係 (2008年8月28日). “平成16年版名古屋市統計年鑑 11.運輸・通信 11-14.名古屋高速道路の車種別、料金所別利用台数 (XLS)” (日本語). 名古屋市. 2015年9月4日閲覧。
  3. ^ a b c 名古屋市総務局企画部統計課統計係 (2008年8月28日). “平成19年版名古屋市統計年鑑 11.運輸・通信 11-14.名古屋高速道路の車種別、料金所別利用台数 (XLS)” (日本語). 名古屋市. 2015年9月4日閲覧。
  4. ^ a b c 名古屋市総務局企画部統計課統計係 (2011年3月28日). “平成22年版名古屋市統計年鑑 11.運輸・通信 11-14.名古屋高速道路の車種別、料金所別利用台数 (XLS)” (日本語). 名古屋市. 2015年9月4日閲覧。
  5. ^ a b c 名古屋市総務局企画部統計課統計係 (2014年9月22日). “平成25年版名古屋市統計年鑑 11.運輸・通信 11-14.名古屋高速道路の車種別、料金所別利用台数 (XLS)” (日本語). 名古屋市. 2015年9月4日閲覧。
  6. ^ 名古屋市総務局企画部統計課統計係 (2015年3月24日). “平成26年版名古屋市統計年鑑 11.運輸・通信 11-14.名古屋高速道路の車種別、料金所別利用台数 (XLS)” (日本語). 名古屋市. 2015年9月4日閲覧。

関連項目[編集]