丸井太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
まるい たろう
丸井 太郎
本名 石上 正治(いしがみ しょうじ)
生年月日 1935年12月
没年月日 1967年9月6日
出生地 日本の旗 日本東京府
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1958年 - 1967年

丸井 太郎(まるい たろう、1935年12月 - 1967年9月6日)、日本俳優。本名、石上 正治(いしがみ しょうじ)。身長166cm・体重82.5kg。東京府(現東京都)出身。

略歴[編集]

高校卒業後、文学座に入る。演出の仕事に携わっていたが、飯沢匡の勧めで俳優に転向する。1958年に大映でデビューする。大部屋俳優として過ごしていたが、1963年、テレビドラマ「図々しい奴」の主役に抜擢され、平均視聴率30%強、最高視聴率45.1%(ビデオリサーチ・関東地区調べ)という大ヒットを記録し、一躍人気者になり、テレビドラマのオファーが殺到した[1]

しかし、当時の映画界は五社協定により、人気スターがテレビドラマに出演することが許されなかった。「売れている役者は映画優先」という五社協定の事項、及び永田雅一社長率いる大映の方針のために、丸井も映画界に戻らざるをえなかった。そんな彼を待っていたのは、飼い殺しに等しい扱いだった。肥満体で朴訥という丸井の良さを引き出す作品とは出会えず、勝新太郎市川雷蔵の主演シリーズ・特撮映画の脇役を演じるに留まり、やがて存在そのものが忘れ去られていった。

その境遇に絶望した丸井は、1967年9月6日、ガス自殺を図り死亡。31歳没。

その後、大映は1971年に倒産するが、その直接の引き金となった映画事業の赤字による巨額負債が表面化したのは、丸井の自死から半月後のことであった。

丸井の死後、大映の同僚で同級生だった大辻伺郎1973年没)と田宮二郎1978年没)も自殺したため、1935年度生まれの大映出身俳優は自殺者を3人も出す結果となってしまった。

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 石橋春海 『'60年代 蘇る昭和特撮ヒーロー』 コスミック出版〈COSMIC MOOK〉、2013年12月5日、52頁。ISBN 978-4-7747-5853-4。