丸和運輸機関

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社丸和運輸機関
MARUWA UNYU KIKAN CO., LTD.
Yoshikawa Maruwa Unyu Kikan Head Office 1.JPG
本社
種類 株式会社
市場情報
東証1部 9090
2014年4月8日上場
本社所在地 日本の旗 日本
342-8505
埼玉県吉川市旭7番地1
設立 1973年8月
業種 陸運業
法人番号 8030001065742
事業内容 サード・パーティー・ロジスティクス(3PL)事業、物流業(国内外)、倉庫業、情報システム開発およびコンサルティング事業、その他
代表者 代表取締役社長 和佐見勝
資本金 26億33百万円(2015年3月)
売上高 単独 321億90百万円
連結 540億33百万円
(2015年3月期)
経常利益 単独 24億38百万円
連結 30億64百万円
(2015年3月期)
純資産 単独 110億62百万円
連結 139億54百万円
(2015年3月)
総資産 単独 243億93百万円
連結 344億76百万円
(2015年3月)
従業員数 単独 983人
連結 2,339人
(2015年3月)
決算期 3月
主要株主 株式会社WASAMI 32.79%
和佐見勝 27.23%
(2015年3月)
外部リンク https://www.momotaro.co.jp/
特記事項:経営指標は有価証券報告書に基づく[1]。本社所在地は、埼玉県吉川市あさひ桃太郎1-1-1と表記されることがあるが、上述の本社所在地と同一地点を示している。
テンプレートを表示

株式会社丸和運輸機関(まるわうんゆきかん)は、埼玉県吉川市東埼玉テクノポリス内に本社を置く物流業者。東京証券取引所の第1部に上場している(証券コード:9090)。

概要[編集]

社名に「機関」を付けた会社は上場会社では丸和運輸機関のみであるが、これは業界の中心、成長のエンジンとして躍進する志を込めた命名とされている[2]。サービス名称としては桃太郎便である。そのためトラックには桃太郎イラストが描かれている。

1970年青果仲買業を廃業した初代社長の和佐見勝が残ったトラックで運送業を開始したのが創業とされる[2][3]。流通業出身である経験を生かし、スーパーマーケットドラッグストアを主要な荷主としており、特にネットスーパーの個人宅配業務については全国的にもトップクラスの実績を誇る[4]

また、中小の物流会社を支援するシステムとして、「AZ-COM丸和・支援ネットワーク」(AZ-COMネット)を発足させ、これにより車輌、燃料等の物品共同購買、集荷集車支援、支払サイトの短縮等を行い、中小物流会社とともに成長を目指す方針を表明している[5][6]

沿革[編集]

  • 1970年(昭和45年) 1月 - 運送業を開始。
  • 1973年(昭和48年) 8月 - 有限会社丸和運輸機関を設立。
  • 1978年(昭和53年)10月 - 株式会社丸和運輸機関に組織変更。
  • 1993年(平成5年)
    • 7月 - 昭和通運株式会社(現「丸和通運」)を子会社化。
    • 12月 - 株式会社関西丸和サービス(現「関西丸和ロジスティクス」)を子会社化。
  • 1997年(平成 9年) 8月 - 子会社として株式会社東北丸和サービス(現「東北丸和ロジスティクス」)を設立。
  • 2002年(平成14年) 4月 - 子会社として四国丸和ロジスティクス(現「中四国丸和ロジスティクス」)を設立。
  • 2004年(平成16年)10月 - 子会社として株式会社アズコムデータセキュリティを設立。
  • 2005年(平成17年)10月 - 子会社として株式会社九州丸和ロジスティクスを設立。
  • 2008年(平成20年)
    • 3月 - 株式会社ジャパンクイックサービス及び株式会社北海道丸和ロジスティクスを完全子会社化。
    • 12月 - 関西丸和ロジスティクスが京都府綾部市にてバス事業を開始。
  • 2014年(平成26年) 4月 - 東京証券取引所市場第二部に上場。
  • 2015年(平成27年 )4月
    • 東京証券取引所市場第一部に指定替え。
    • AZ-COMネット開始。

系列会社[編集]

  • ジャパンタローズ/バス事業者
  • 北海道丸和ロジスティクス
  • 東北丸和ロジスティクス
  • 関西丸和ロジスティクス
  • 中四国丸和ロジスティクス
  • 九州丸和ロジスティクス
  • 丸和通運
  • ジャパンクイックサービス
  • アズコムデータセキュリティ
  • アズコムビジネスサポート
  • 日本ロジスティクス研究所
  • NS丸和ロジスティクス


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 株式会社丸和運輸機関. “第42期有価証券報告書”. 2015年10月3日閲覧。
  2. ^ a b 『物流ニッポン』2015年10月1日付。
  3. ^ 丸和運輸機関 和佐見勝社長 問屋物流から小売物流へ『物流ウィークリー』2015年10月2日付。
  4. ^ 1年で東証1部上場 物流業の丸和運輸機関「ネットスーパーを強化」『埼玉新聞』2015年4月11日付、archive版。
  5. ^ 支払いサイトは末締めの翌々月15日払いで一向に短縮されない。丸和運輸機関/物流企業138社と連携するネットワークを発足『LNEWS』2015年4月28日付。
  6. ^ 丸和運輸機関 AZ-COMネット発会式『物流ウィークリー』2015年6月11日付。

関連項目[編集]