丸山文裕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

丸山 文裕(まるやま ふみひろ、1990年7月1日 - )は日本陸上競技選手、専門は長距離種目大分県佐伯市出身。大分東明高校卒業。旭化成陸上部所属。現在同部の主将を務める[1]

人物[編集]

  • 大分東明高校では主力選手として全国高校駅伝などで活躍。3年時の全国高校駅伝では、1学年下に既に頭角を現していた油布郁人(駒澤大学富士通)がいた為チームのエースではなかったものの、4区を区間3位で走り、チームの5位入賞に貢献した[2][3]。また、全国都道府県対抗駅伝にも大分県の代表として2年時、3年時と二度出場し、いずれも高校生最長区間の5区(8.5㎞)で区間3位と好走した[4]。高校卒業後、大学には進学せず旭化成に入社。
  • 旭化成入社後は着実に実力を付けていき、入社4年目の2013年2月の熊日30キロロードレースでは、川内優輝(埼玉県庁)と熾烈な優勝争いを演じ、川内から遅れることわずか3秒でゴールし準優勝。記録も1時間29分34秒(当時日本歴代8位)と好記録であった。翌3月に開催された全日本実業団ハーフマラソンでは、日本人選手で唯一ガトゥニ・ゲディオン(日清食品グループ)ら外国人選手に食らいつき、ラスト3㎞からスパートを仕掛け1時間01分15秒という当時日本歴代8位の好記録で優勝を果たした。
  • 熊日30キロロードレース、全日本実業団ハーフマラソンで相次いで見せた好走からマラソンでの活躍を期待されたが、その後左膝を故障し長期休養に入り、2014年の11月には手術を決断。2015年5月の旭化成陸上部の本拠地である宮崎県延岡市で開催されたゴールデンゲームズinのべおか5000mで1年半ぶりにレース復帰。組トップの好走で復活をアピールし、この年4月に入社した村山謙太村山紘太兄弟(それぞれこの大会10000m・5000mで同年8月開催の世界陸上参加標準記録を突破)らととも旭化成陸上部の地元延岡を盛り上げた[5]
  • 2015年11月の九州実業団毎日駅伝では6区を担当し区間賞を獲得。チームの3年ぶり優勝に貢献した[6]。2016年元日のニューイヤー駅伝では入社7年目にして初めて同駅伝に出走。6区を担当し、入賞圏内の8位でタスキを受けると順位を1つ上げ、7位で当時の陸上部主将佐々木悟にタスキをつないだ。
  • 2016年3月、リオデジャネイロオリンピック男子マラソン日本代表選考レースの1つであるびわ湖毎日マラソンでマラソンデビュー。30キロ付近で日本人の集団から抜け出し、一時は日本人トップを独走したが、残り3キロ地点からリオデジャネイロオリンピックマラソン代表に内定した石川末廣(Honda)・北島寿典(安川電機)に相次いで抜かされ日本人首位争いから脱落。最後には旭化成の同僚深津卓也にも躱され全体の6位(日本人4位)でゴール[7]。リオデジャネイロオリンピックマラソン代表の選考対象にはならなかったが、記録は2時間09分39秒と初マラソンながらサブテンを達成した。
  • 2016年度シーズンから旭化成陸上部の主将を務める。

自己記録[編集]

種目 記録 場所
5000m 13分56秒63 2015年 北見
10000m 28分27秒63 2011年 延岡
ハーフマラソン 1時間01分15秒 2013年 山口
30㎞ 1時間29分34秒 2013年 熊本
マラソン 2時間09分39秒 2016年 大津

主な戦績[編集]

大会 種目(区間) 順位 記録 備考
2008 第13回天皇盃全国都道府県対抗男子駅伝競走大会 5区(8.5㎞) 区間3位 25分16秒 大分県チームより出場
2008 第59回全国高等学校駅伝競走大会 4区(8.0875㎞) 区間3位 23分40秒 大分東明高校5位入賞
2009 第14回天皇盃全国都道府県対抗男子駅伝競走大会 5区(8.5㎞) 区間3位 24分39秒 大分県チームより出場
2011 第48回九州実業団対抗毎日駅伝大会 3区(10.5㎞) 区間賞 28分54秒 旭化成優勝
2013 第57回金栗記念熊日30キロロードレース 30㎞ 2位 1時間29分34秒 日本歴代8位(当時)
2013 第41回全日本実業団ハーフマラソン ハーフマラソン 優勝 1時間01分15秒 日本歴代8位(当時)
2013 第97回日本陸上競技選手権大会 10000m 17位 29分15秒23
2015 第52回九州実業団対抗毎日駅伝大会 6区(9.1㎞) 区間賞 27分07秒 旭化成優勝
2016 第60回全日本実業団対抗駅伝競走大会 6区(12.5㎞) 区間12位 38分30秒 旭化成7位入賞
2016 第71回びわ湖毎日マラソン マラソン 6位 2時間09分39秒 初マラソン
2017 第66回別府大分毎日マラソン マラソン 11位 2時間13分49秒
2017 北海道マラソン2017 マラソン 4位 2時間15分21秒
2018 第73回びわ湖毎日マラソン マラソン 17位 2時間15分59秒
2018 第72回福岡国際マラソン マラソン 23位 2時間17分38秒

出典[編集]

  1. ^ [1]選手・スタッフ紹介 陸上部 旭化成株式会社
  2. ^ [2] 丸山が1時間01分15秒の日本歴代8位タイ=旭化成記録 “思い切り”の良いレースでケニア勢を振り切っての優勝 熊日30kmの2位からさらにレベルアップ
  3. ^ [3] 第59回男子大会記録 | 全国高等学校駅伝競走大会
  4. ^ [4] 丸山 文裕|選手別データ|大会記録|天皇盃 第21回 全国都道府県対抗男子駅伝競走大会[ひろしま男子駅伝]
  5. ^ [5] 丸山が帰ってきた-1年6カ月ぶりの復帰戦
  6. ^ [6] 九州実業団毎日駅伝:旭化成、2位に大差 3年ぶり優勝 /宮崎 - 毎日新聞
  7. ^ [7] 北島が日本人トップ2位/びわ湖毎日マラソン詳細 - 陸上 : 日刊スポーツ