丸山環

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
丸山環

丸山 環(まるやま たまき、1873年明治6年)8月8日[1] - 1952年昭和27年)11月20日[2])は、日本教育者文部官僚

経歴[編集]

滋賀県出身[1]1900年(明治33年)、東京帝国大学文科大学独文科を卒業[1]第六高等学校教授、第八高等学校教授を経て、1913年(大正2年)、文部省督学官となった[1]。第六高等学校校長を務めた後、1924年(大正13年)から甲南高等学校(現在の甲南大学)校長兼教授となった[3]。その後さらに九段精華高等女学校校長を務めた[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 人事興信録 第5版 1918.
  2. ^ 『1954年 朝日年鑑』、朝日新聞社、1953年。
  3. ^ 大衆人事録 第3版 1930.
  4. ^ 大衆人事録 第14版 1943.

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第5版』人事興信所、1918年。
  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第3版』帝国秘密探偵社、1930年。
  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第14版』帝国秘密探偵社、1943年。


その他の役職
先代:
小森慶助
甲南高等学校長
1924年 - 1933年
次代:
平生釟三郎