丸紅エネルギー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
丸紅エネルギー株式会社
MARUBENI ENERGY CORPORATION.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
101-8322
東京都千代田区神田駿河台2-2
御茶ノ水杏雲ビル9階・10階
設立 1976年昭和51年)
(丸紅石油株式会社)
業種 卸売業
法人番号 9010001029467 ウィキデータを編集
代表者 代表取締役社長 鳥居 敬三
資本金 23億5000万円
売上高 2796億7500万円(2020年03月31日時点)[1]
営業利益 16億1300万円(2020年03月31日時点)[1]
経常利益 24億3400万円(2020年03月31日時点)[1]
純利益 14億9900万円(2020年03月31日時点)[1]
純資産 122億7600万円(2020年03月31日時点)[1]
総資産 414億7700万円(2020年03月31日時点)[1]
従業員数 199名(2019年4月1日現在)
主要株主 丸紅(株) 66.6%
出光興産(株) 33.4%
外部リンク http://www.marubeni-energy.co.jp/
テンプレートを表示

丸紅エネルギー株式会社(まるべにエネルギー、: MARUBENI ENERGY CORPORATION.)、主に石油製品を取り扱う丸紅グループの大手総合エネルギー商社(燃料・石油商社)。

沿革[編集]

営業拠点[編集]

  • 本社: 東京都千代田区神田駿河台2-2
  • 支店: 北海道(札幌)、東北(仙台)、北陸(金沢)、中部(名古屋)、関西(大阪)、九州(福岡)
  • 販売支店: 静岡、中国(広島)
  • 営業所:四国(高松)

特徴[編集]

  • 元々昭和シェル石油の店舗と数多く提携してきたが、現在は丸紅エネルギー独自のブランドでもSS事業を展開している。子会社のマルネンは全国にて様々な元売ブランドでSS事業を展開している。
  • 丸紅の他に昭和シェル石油(現出光興産)が出資しており、ガソリン、灯油、軽油、重油といった石油燃料から、潤滑油やアスファルトまで、各種石油製品を昭和シェル石油等から調達・販売している。丸紅グループのネットワークを駆使し、独自の油槽基地を活用して石油製品の輸入、販売も行っている。貯油能力は商社系トップクラスの規模を誇る。
  • 新規ビジネスの一例として、SSにおける多様な顧客ニーズに対応すべく、新たなカーリースのスキームを構築している。
  • 環境ビジネスに積極的に取り組んでおり、産業エネルギー部環境ビジネス開発課がLNG(液化天然ガス)事業を取り扱っている。再生可能エネルギー事業にも参画し、例えば丸紅エネルギーグループ会社の本社油槽所敷地内には太陽光発電設備が設置されている。
  • EV・PHVの急速充電器普及にも取り組んでいる。

事業会社・関連会社[編集]

  • 共立商事株式会社
  • マルネン株式会社
  • ナヴィ株式会社
  • 西日本フリート株式会社
  • マルエネ・リテールサポート株式会社

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]