丸運

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
株式会社丸運
MARUWN CORPORATION
種類 株式会社
市場情報
東証1部 9067
1961年10月2日上場
本社所在地 日本の旗 日本
103-0016
東京都中央区日本橋小網町7番2号
設立 1938年(昭和13年)12月17日
(株式会社天龍組)
業種 陸運業
法人番号 5010001141787 ウィキデータを編集
事業内容 一般貨物輸送・倉庫
液体輸送
国際輸送
鉄道利用運送
代表者 荒木 康次(代表取締役社長)
資本金 35億5,923万4千円
売上高 連結:471億1,700万円
単独:420億8,400万円
(2017年3月期)
総資産 連結:370億5,200万円
単独:344億2,300万円
(2017年3月31日現在)
従業員数 連結:2,077人 単独:414人
(2017年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 ENEOSホールディングス 38.22%
佐藤企業 17.77%
佐藤謙一 5.40%
損害保険ジャパン日本興亜 3.18%
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口) 2.31%
(2018年9月30日現在[1]
主要子会社

株式会社丸運ロジスティクス関東 100% 株式会社丸運トランスポート東日本 100%

丸運国際貨運代理(上海)有限公司 100%
外部リンク https://www.maruwn.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社丸運(まるうん、Maruwn Corporation)は、東京都中央区に本社を置く運送会社ENEOSグループ所属の関係会社。バブル期には首都圏にて、企業イメージキャラである、のらくろトラックを見かけることが出来た。

沿革[編集]

  • 1892年明治25年) - 金原明善が天龍運輸会社を創業。
  • 1928年昭和3年) - 天龍運送株式会社設立。
  • 1950年(昭和25年) - 天龍木下運輸株式会社に商号変更。
  • 1960年(昭和35年) - 株式会社丸運に商号変更。
  • 1961年(昭和36年) - 東京証券取引所2部に上場。
  • 1981年(昭和56年) - イメージキャラクターにのらくろを採用。
  • 1990年平成2年) - 東京証券取引所1部に上場。
  • 1992年(平成4年) - 創業100周年を迎える。
  • 2000年(平成12年)8月 - シンガポールに現地法人を設立。
  • 2000年(平成12年)10月 - ISO9001の認証取得。
  • 2003年(平成15年) - ISO14001の認証取得。
  • 2006年(平成18年)4月 - 上海事務所開設。
  • 2006年(平成18年) 10月 - 愛知県西尾市の西尾物流センター営業開始。
  • 2008年(平成20年) - ISO27001の認証取得。
  • 2009年(平成21年)5月 - PMSの認定取得。
  • 2009年(平成21年)同月 - 茨城県日立市の日立北物流センター営業開始。
  • 2010年(平成22年)4月1日 - 筆頭株主の新日鉱ホールディングス株式会社と新日本石油株式会社の共同株式移転により統合持株会社「JXホールディングス株式会社」を設立。これまでの新日鉱ホールディングス株式会社の関係会社からJXホールディングス株式会社の関係会社へと異動。
  • 2010年(平成22年)7月1日 - 筆頭株主がこれまでの新日鉱ホールディングス株式会社に代わり、JXホールディングス株式会社になる。
  • 2011年(平成23年)8月8日 - 本社を東京都中央区日本橋へ移転
  • 2017年(平成29年)4月1日 - JXホールディングス株式会社の商号変更により、JXTGホールディングス株式会社の関係会社となる。
  • 2020年(令和2年)6月25日 - JXTGホールディングス株式会社の商号変更により、ENEOSホールディングス株式会社の関係会社となる。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 四半期報告書(第117期第2四半期)