丹下和彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
丹下 和彦
人物情報
生誕 1942年3月??
岡山県
出身校 京都大学、同大学院
学問
研究分野 西洋古典学
学位 文学博士
学会 日本西洋古典学会日本独文学会地中海学会、阪神ドイツ文学会、大阪市立大学ドイツ文学会
テンプレートを表示

丹下 和彦(たんげ かずひこ、1942年3月 - )は、古代ギリシア文学者、関西外国語大学教授、大阪市立大学名誉教授。日本西洋古典学会委員(2010 - 2012年度)[1]

岡山県生まれ。1964年京都大学文学部卒[2]、1968年同大学院文学研究科修士課程修了[2]、1970年同博士課程中退。和歌山県立医科大学大阪市立大学助教授・教授を経て、関西外国語大学教授。2005年に「悲劇の世紀 前5世紀アテナイ精神史としてのギリシア悲劇」で文学博士(京都大学)[3]

著書[編集]

編著・共編[編集]

  • 『ドナウ河 流域の文学と文化』松村國隆共編 晃洋書房 2011.4

翻訳[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 現役員(2010〜2012年度) (PDF)”. 日本西洋古典学会. 2018年10月9日閲覧。
  2. ^ a b 丹下和彦”. researchmap. 2018年10月9日閲覧。
  3. ^ 悲劇全集3”. 京都大学出版会. 2018年10月9日閲覧。