丹沢主稜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
丹沢主稜

Hirugatake-nishitanzawa.JPG

三国山(みくにやま) 御正体山(みしょうたいさん) 菰釣山(こもつるしやま) 大室山(おおむろやま) 宮ヶ瀬湖(みやがせこ) 檜洞丸(ひのきぼらまる) 西丹沢自然教室(にしたんざわしぜんきょうしつ) 蛭ヶ岳(ひるがたけ) 丹沢山(たんざわさん) 塔ノ岳(とうのだけ) 不老山(ふろうざん) 大倉登山口(おおくらとざんぐち) 丹沢湖(たんざわこ)Tanzawa-map 02-(Shuryo).gif
画像の詳細
上:蛭ヶ岳より見た丹沢主稜 (2006年10月撮影)
下:丹沢山地における丹沢主稜の位置
所在地 神奈川県山梨県
位置
上位山系 丹沢山地
最高峰 蛭ヶ岳 (1,673m)
延長 30km
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

丹沢主稜(たんざわしゅりょう)とは、丹沢山地中央部の蛭ヶ岳から西へ伸びる延長約30kmの尾根である。

概要[編集]

丹沢山地中央部に位置する山地最高峰の蛭ヶ岳から檜洞丸大室山菰釣山三国山 と西へ伸びる尾根であり、山地の脊梁部にあたる稜線である。この内、西側の大室山~三国山間の稜線は山梨県甲斐国)と神奈川県相模国)の境をなすことから、甲相国境尾根と呼ばれることが多い。

丹沢山地の奥地にあるため登山者は少なく、静かな山歩きが楽しめる。稜線上は樹木が多く展望が良い場所は少ないが、山地最高峰である蛭ヶ岳からの展望は素晴らしく、丹沢山地はもちろん、富士山南アルプス八ヶ岳奥秩父奥多摩などの山々まで望むことができる。蛭ヶ岳~大室山間は高低差が大きく、やせ尾根やクサリ・ガレ場などの急峻な地形が多いが、大室山以西(甲相国境尾根)は比較的なだらかな地形となる。檜洞丸周辺はツツジの名所として有名で、5月下旬から6月上旬にかけては多くの登山者が訪れる。

丹沢主稜の山・峠[編集]

山容 名称 標高m 蛭ヶ岳からの
方角と距離km
備考
Mt.Hirugatake 08.jpg 蛭ヶ岳 1,673 16 cardinal points O.png 0 丹沢山地最高峰
Mt.Mikagesawanoatama from Mt.Tonodake.jpg ミカゲ沢ノ頭 1,421 16 cardinal points W.png西 0.8
Mt.Usugatake from Mt.Nabewari 01.jpg 臼ヶ岳 1,460 16 cardinal points SW.png南西 1.5
Kannogawa-nokkoshi.JPG 神ノ川乗越 1,250 16 cardinal points WSW.png西南西 1.9 かんのがわのっこし
Gthumb.svg 金山谷乗越 1,300 16 cardinal points WSW.png西南西 2.5
Mt.Hinokiboramaru from Hanadate.JPG 檜洞丸 1,601 16 cardinal points WSW.png西南西 3.4 ひのきぼらまる
Mt.Kumasasanomine from Mt.Hinokiboramaru.JPG 熊笹ノ峰 1,523 16 cardinal points W.png西 3.8
Okoge.JPG 大笄 1,510 16 cardinal points W.png西 3.9 おおこうげ
Kokoge.JPG 小笄 1,280 16 cardinal points W.png西 4.4 ここうげ
Inukoeji-Pass 01.jpg 犬越路 1,060 16 cardinal points W.png西 5.7 蛭ヶ岳~大室山間の最低地点
Gthumb.svg 大杉丸 1,169 16 cardinal points W.png西 5.9
Mt.Omuro from Mt.Okoge.JPG 大室山 1,588 16 cardinal points WNW.png西北西 7.0
Mt.Mikuni (Tanzawa) 01.jpg 三国山 1,340 16 cardinal points WSW.png西南西 22.3

※大室山以西の詳細は甲相国境尾根を参照。

蛭ヶ岳 ミカゲ沢ノ頭 臼ヶ岳 檜洞丸 神ノ川乗越 金山谷乗越 熊笹ノ峰 大笄 小笄 大杉丸 犬越路 大室山 富士山 蛭ヶ岳 鬼ヶ岩ノ頭 檜洞丸 同角ノ頭 大室山 袖平山Tanzawa-shuryo from Mt.Himetsugi 01-2.jpg
画像の詳細
丹沢主脈姫次より見た丹沢主稜東部の山々 (2011年11月撮影)

丹沢主稜の山小屋[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『丹沢 2011年版 (山と高原地図 28)』 昭文社、ISBN 978-4398757685