丹沢秀樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
丹沢秀樹
生誕 1955年[1]
東京都[1]
研究分野 口腔外科学
研究機関 千葉大学
出身校 千葉大学東京医科歯科大学
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

丹沢秀樹(たんざわ ひでき、1955年[1] -)は、日本医学者歯学者医師歯科医師千葉大学大学院医学研究院先端がん治療学研究講座口腔科学分野教授。日本口腔科学会理事長。

経歴[編集]

東京都立国立高等学校卒業[1]後、1982年千葉大学医学部卒業[2]東京医科歯科大学歯学部3年次編入し[3]1986年卒業[2]1991年千葉大学大学院医学研究科修了し、以後同大学助手、講師、助教授を経て1997年同大学教授に就任[2]

著書[編集]

  • 『口腔科学』飯田順一郎伊藤公一岡野友宏、木村博人、小谷順一郎、斉藤力佐々木啓一白砂兼光須田英明、丹沢秀樹、前田健康山根源之、山本浩嗣、監修 戸塚靖則、高戸毅朝倉書店東京都新宿区、2013年11月25日、初版。ISBN 978-4-254-35001-2。NCID BB14241855
  • 丹沢秀樹 他『よくわかる歯科医学・口腔ケア』喜久田利弘 楠川仁悟、医学情報社、2011年3月。ISBN 978-4-903553-34-4。NCID BB05241923

所属団体[編集]

学職
先代:
髙戸毅
日本口腔科学会理事長
2014年5月 -
次代:
(現職)
先代:
佐藤研一
1979年 - 1997年
千葉大学医学部歯科口腔外科学教室教授
1997年 -
次代:
(現職)
先代:
田川俊郎
第6回
2004年
日本口腔顎顔面外傷学会総会・学術大会 大会長
第7回
2005年
次代:
杉原一正
第8回
2006年
先代:
小宮正道
第194回
2012年12月
日本口腔外科学会関東支部学術集会 大会長
第195回
2013年 6月
次代:
安藤智博
第196回
2013年 12月

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 千葉大学医学部附属病院所属する実力医の例”. QLife. 2015年7月5日閲覧。
  2. ^ a b c 「シンポジウムI」『日本顎変形症学会雑誌』第15巻Supplement、日本顎変形症学会、2005年、 26-35頁、 doi:10.5927/jjjd1991.15.Supplement_26ISSN 1884-5045
  3. ^ ダブルライセンス”. 菊川歯科. 2015年7月5日閲覧。
  4. ^ 役員”. 日本口腔科学会. 2015年7月5日閲覧。
  5. ^ a b c 丹沢 秀樹”. J-GLOBAL. 科学技術振興機構 (2005年2月15日). 2015年7月5日閲覧。
  6. ^ 会員名簿 (PDF)”. 日本臨床腫瘍学会 (2015年7月5日). 2015年7月5日閲覧。
  7. ^ a b c d 研修プログラム(アドバンスコース)”. 総合医療教育研修センター. 千葉大学医学部附属病院. 2015年7月5日閲覧。
  8. ^ 役員・委員会名簿”. 日本口腔感染症学会 (2014年10月26日). 2015年7月5日閲覧。
  9. ^ 日本有病者歯科医療学会 平成25~26 年度役員”. 日本有病者歯科医療学会 (2014年3月31日). 2015年7月5日閲覧。
  10. ^ 理事”. 日本口腔腫瘍学会. 2015年7月5日閲覧。
  11. ^ a b がん治療認定医名簿”. 日本がん治療認定医機構. 2015年7月5日閲覧。
  12. ^ 日本歯学系学会協議会 役員”. 日本歯学系学会協議会. 2015年7月5日閲覧。
  13. ^ 日本頭頸部癌学会役員一覧表(平成26・27・28年度)”. 日本頭頸部癌学会. 2015年7月5日閲覧。
  14. ^ 役員”. 日本口腔ケア学会. 2015年7月10日閲覧。
  15. ^ 組織図”. 硬組織再生生物学会. 2015年7月5日閲覧。
  16. ^ 世話人”. 日本口腔看護研究会. 2015年7月5日閲覧。
  17. ^ 学会事務便り(第78巻)”. 口腔病学会. 2015年7月5日閲覧。