丹波正史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

丹波 正史(たんば せいし、1947年4月12日 - )は愛知県出身の部落解放運動家、地方議員

愛知県海部郡甚目寺町(現・あま市)生まれ[1]。父の丹波繁正は富山県被差別部落の出で、社会大衆党神戸支部執行委員を経て[2]、甚目寺町の町会議員を3期つとめた[3]。母の弟の井村末次郎も甚目寺町の町会議員(日本共産党)を1期つとめた[4]。甚目寺町の町会議員を正史自身も1期、正史の妻の真理も7期つとめている[5]

愛知県立中村高等学校在学中、18歳で日本共産党に入党[6]1974年、甚目寺町議に当選し、4年間にわたり愛知県部落解放運動連合会(略称・愛解連)委員長と兼任[7]1978年、31歳で全国部落解放運動連合会(略称・全解連)中央執行委員になり、1983年、35歳で全解連書記次長となる[8]1991年から全解連書記長[9]2004年、全解連が全国地域人権運動総連合(略称・全国人権連)に改組されてからは同議長を務める。息子の丹波史紀立命館大学准教授で全国人権連事務局次長。

著書[編集]

  • 「自立・連帯・融合」(1988年部落問題研究所)
  • 「がんばる全解連」(1991年部落問題研究所)
  • 「『部落解放基本法』批判」 (1994年部落問題研究所)
  • 「21世紀への創造-運動の将来像を探る」 (1996年兵庫部落問題研究所)
  • 「部落解放運動の対決点J (1996年部落問題研究所)
  • 「どうなる日本の人権-『人権擁護施策推進法』」 (1997年部落問題研究所)
  • 「『部落』が部落でなくなる時-解放運動の発展的転換J (1999年部落問題研究所)
  • 「映画でみる子どもの権利」 (2004年愛知人権ネット)
  • 「人間と部落-ある部落解放運動家の思い」 (2008年地域人権ネット)
  • 「部落問題解決の理論的軌跡」(2014年部落問題研究所)

共著[編集]

  • 「部落解放運動からの卒業一新たな地域住民運動の構築へ-」 (2003年部落問題研究所)

脚注[編集]

  1. ^ 『人間と部落』15頁
  2. ^ 『資料日本現代史: 敗戦直後の政治と社会』112頁
  3. ^ 『人間と部落』11-12頁
  4. ^ 『人間と部落』13頁
  5. ^ 『人間と部落』13-14頁
  6. ^ 『人間と部落』41頁
  7. ^ 『人間と部落』94-95頁
  8. ^ 『人間と部落』101頁
  9. ^ 『人間と部落』116頁