丹羽氏中

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
 
丹羽氏中
Niwa Ujinori.jpg
丹羽氏中
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 天保7年2月18日1836年4月3日
死没 明治17年(1884年4月21日
改名 西之助(幼名)、氏中
別名 勘助
戒名 大雄院殿鉄心全柱大居士
墓所 東京都港区西麻布の長谷寺
官位 従五位下長門守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家定家茂慶喜明治天皇
播磨三草藩
氏族 一色丹羽氏
父母 丹羽氏謙、丹羽氏賢
丹羽氏賢
氏厚、氏正ら
テンプレートを表示

丹羽 氏中(にわ うじのり)は、江戸時代後期の大名播磨国三草藩6代(最後の)藩主。氏次系丹羽家12代。

略歴[編集]

天保7年(1836年)2月18日、第5代藩主丹羽氏賢の弟・丹羽氏謙の三男として生まれる。嘉永6年(1853年)3月25日、伯父・氏賢の養子となる。同年10月15日、将軍徳川家定に拝謁する。同年12月8日、氏賢の隠居により家督を継いだ。同年12月16日、従五位下長門守に叙任する。

文久3年(1863年)9月10日、大番頭に就任する。慶応3年3月1日、大番頭を解任される。慶応4年(1868年)2月26日、新政府に勤王誓書を提出、3月22日上洛し、恭順の姿勢を示す。戊辰戦争では新政府に軍資金を提供するなどして協力した。明治2年(1869年)6月23日の版籍奉還知藩事となり、明治4年(1871年)7月14日の廃藩置県で免官される。明治17年(1884年)4月21日に死去した。享年49。墓所は東京都港区西麻布の長谷寺

系譜[編集]

  • 父:丹羽氏謙
  • 母:不詳
  • 養父:丹羽氏賢(1812-1854)
  • 正室:丹羽氏賢の娘
  • 生母不明の子女
    • 三男:丹羽氏厚
    • 七男:丹羽氏正