丹羽氏音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

丹羽 氏音(にわ うじおと、延宝6年(1678年) - 宝永2年閏4月7日1705年5月29日))は、美濃岩村藩第5代藩主、越後高柳藩の初代藩主。氏次系丹羽家6代。

岩村藩第2代藩主・丹羽氏定の弟・丹羽信氏の次男。正室は郡上藩主・井上正任の娘。官位は従五位下・和泉守。幼名は庄之助。

貞享3年(1686年)、第4代藩主・丹羽氏明の養子となり家督を継ぐ。その後、側用人に非門閥の山村瀬兵衛を抜擢し、財政改革に当たらせたが、山村への反対派がその排除を画策し、幕府に山村の専横を訴える騒動を起こす。裁定結果は山村の無罪となったが、氏音はその内乱を収められなかったとして9,000石没収・閉門・越後国高柳藩1万石への移封を命じられた。宝永2年(1705年)閏4月7日に子女なく没し、跡は甥で養子の薫氏が継ぎ、後に播磨三草藩主となって家は存続した。

法号は後勝院傑岑良英。墓所は東京都杉並区の海雲寺。