主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

主義(しゅぎ)は、人、団体や政府が主張や行動の指針にする原則や思想である。

概要[編集]

「主義」は中国の史記にも出現するほど古い言葉であり、「信じている一定の主張」を意味した。明治前期に英語「principle」の訳語として定着し、その後英語「-ism」の訳語としても使われるようになった。「principle」を「主義」と訳したのは福地源一郎(福地桜痴)だとする説もある。

主義の一覧[編集]

ここには「主義」で終わる言葉や、「イズム(-ism)」で終わり「主義」と訳しうる言葉を集めた。

目次:

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

  • お客様第一主義(おきゃくさまだいいちしゅぎ)
  • オルフィスム
  • 音声主義(おんせいしゅぎ)

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

  • 経験主義(けいけんしゅぎ)
  • 敬虔主義(けいけんしゅぎ)
  • 迎合主義(げいごうしゅぎ)
  • 形式主義(けいしきしゅぎ)
  • 形式主義 (数学)(けいしきしゅぎ, すうがく)
  • 芸術至上主義(げいじゅつしじょうしゅぎ)
  • 形態主義(けいたいしゅぎ)
  • 啓蒙主義(けいもうしゅぎ)
  • ケインズ主義(-しゅぎ)
  • 血縁主義(けつえんしゅぎ)
  • 血統主義(けっとうしゅぎ)
  • 潔癖主義(けっぺきしゅぎ)
  • 権威主義(けんいしゅぎ)
  • 原音主義(げんおんしゅぎ)
  • 厳格主義(げんかくしゅぎ)
  • 現金主義(げんきんしゅぎ)
  • 言語主義(げんごしゅぎ)
  • 言語活動主義(げんごかつどうしゅぎ)
  • 言語機能主義(げんごきのうしゅぎ)
  • 言語形態主義(げんごけいたいしゅぎ)
  • 言語生活主義(げんごせいかつしゅぎ)
  • 言語帝国主義(げんごていこくしゅぎ)
  • 言語ナショナリズム(げんご-)
  • 言語民族主義(げんごみんぞくしゅぎ)
  • 現実主義(げんじつしゅぎ)
  • 原則主義(げんそくしゅぎ)
  • 現代語主義(げんだいごしゅぎ)
  • 原典主義(げんてんしゅぎ)
  • 減点主義(げんてんしゅぎ)
  • 原典忠実主義(げんてんちゅうじつしゅぎ)
  • 現場主義(げんばしゅぎ)
  • 厳罰主義(げんばつしゅぎ)
  • ケンブリッジ・プラトニズム
  • 顕名主義(けんめいしゅぎ)
  • 原理主義(げんりしゅぎ)

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

国際私法上、属人主義ともいわれ、その人に固有の法の適用を認める主義で属地主義に対する。
国際私法上、国籍に関係なく人が居住している国家の法を適用する主義で属人主義に対する。

[編集]

[編集]

[編集]

  • 通統主義(つうとうしゅぎ)
  • 通読主義(つうどくしゅぎ)

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

  • 無教会主義(むきょうかいしゅぎ)
  • 無政府主義(むせいふしゅぎ)
  • 無政府資本主義(むせいふしほんしゅぎ)
  • ムッソリーニ主義(-しゅぎ)
  • 無謬主義(むびゅうしゅぎ)
  • 無方式主義(むほうしきしゅぎ)

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

参考文献[編集]