主鷹司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

主鷹司(しゅようし)は律令制において兵部省に属した機関。訓はたかつかさたかのつかさなど。

職掌[編集]

主鷹司は放鷹司とも書き、猟犬飼育調教し、鷹狩などの狩猟を取り仕切った。の中では最も格が低く四等官は長官と主典しか置かれていない。鷹の実際の飼育は品部の鷹戸が行う。

「不殺生」といった仏教思想により、721年、および道鏡政権下の764年から769年までは廃止されて放生司(ほうじょうし)が置かれた。延暦年間には復活したが、人員削減政策の一環として861年からはここの官職は任命されなくなり、実質的に廃止された。鷹の飼育は蔵人所鷹飼が継承した。

職員[編集]

  • 鷹戸 十七戸
  • 使部 六名
  • 直丁 一名
  • 史生 二名(796年より)

関連項目[編集]