久代義明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
久代 義明
基本情報
出身地 日本の旗 日本 兵庫県三田市
生年月日 (1942-08-14) 1942年8月14日(75歳)
身長
体重
174 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手一塁手外野手
プロ入り 1961年
初出場 1963年
最終出場 1974年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • ヤクルトスワローズ (1977 - 1979)
  • 阪神タイガース (1980 - 1982)
  • 西武ライオンズ (1984 - 1992)

久代 義明(くしろ よしあき、1942年8月14日 - )は、兵庫県三田市出身の元プロ野球選手。ポジションは捕手一塁手外野手

経歴[編集]

三田学園高校から1961年阪神タイガースへ入団。

野村克也二世」の呼び声が高かったが、辻佳紀辻恭彦山本哲也谷本稔とライバル捕手が多く出場機会には恵まれなかった。打力には定評があり、1963年10月には一塁手として初の先発出場を果たす。阪神では一塁手として7試合に出場。1967年にはウエスタン・リーグの本塁打王、打点王の二冠に輝いた。一軍では1966年、1967年に最終戦で先発マスクを被る。

1968年サンケイアトムズに移籍、同年は外野手、代打として起用され、出場機会も増える。1969年には加藤俊夫に次ぐ控え捕手となり、1970年には加藤の不祥事による欠場もあって、大矢明彦と正捕手を争った。同年は39試合に先発出場するが、定位置確保には至らなかった。その後は出場機会が減少し、1976年限りで現役を引退。

その後はヤクルトコーチ補佐(1977年 - 1979年)、古巣・阪神で二軍バッテリーコーチ(1980年 - 1982年)、1983年には選手寮「虎風荘」の三代目寮長を務めた。1984年から西武ライオンズのコーチとなり、1992年まで務め、1985年には選手登録されている。これは、当時、ブルペンに入る捕手(コーチ、あるいはブルペン捕手)は選手登録が必要だったためである。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1963 阪神 1 3 3 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .333 .333 .333 .667
1964 2 3 3 0 1 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .333 .333 .333 .667
1966 7 8 8 0 2 0 0 0 2 1 0 0 0 0 0 0 0 2 1 .250 .250 .250 .500
1967 6 9 8 1 3 2 0 0 5 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0 .375 .444 .625 1.069
1968 サンケイ
アトムズ
ヤクルト
26 28 27 1 5 0 0 1 8 4 0 0 0 1 0 0 0 8 0 .185 .185 .296 .481
1969 66 137 121 8 22 1 1 2 31 9 0 0 1 0 14 0 1 27 3 .182 .272 .256 .528
1970 67 131 119 9 24 4 1 3 39 7 2 2 0 0 11 3 1 27 0 .202 .275 .328 .603
1971 20 19 18 0 2 0 0 0 2 1 0 0 0 0 1 0 0 4 0 .111 .158 .111 .269
1972 14 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1973 12 13 13 3 6 0 0 1 9 3 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .462 .462 .692 1.154
1974 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
通算:11年 226 353 322 22 66 7 2 7 98 28 2 2 1 1 27 3 2 70 4 .205 .271 .304 .575
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • サンケイ(サンケイスワローズ)は、1969年にアトムズに、1970年にヤクルト(ヤクルトアトムズ)球団名を変更

背番号[編集]

  • 48 (1961年 - 1964年)
  • 13 (1965年)
  • 39 (1966年 - 1967年)
  • 33 (1968年 - 1971年)
  • 29 (1972年 - 1975年)
  • 60 (1976年 - 1978年)
  • 76 (1979年)
  • 74 (1980年 - 1982年)
  • 79 (1984年 - 1992年)

関連項目[編集]