久保俊巳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
久保 俊巳
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府大阪市生野区
生年月日 (1950-06-27) 1950年6月27日(68歳)
身長
体重
178 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手外野手
プロ入り 1969年 ドラフト外
初出場 1972年
最終出場 1979年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

久保 俊巳(くぼ としみ、1950年6月27日 - )は、大阪府大阪市出身の元プロ野球選手内野手)。

来歴・人物[編集]

生野工業高を卒業後、大阪学院大学へ進学するが1年もしない内に中退する。

1969年オフ、ドラフト外広島東洋カープに入団。

3年目の1972年より一軍の公式戦への出場を果たし、その後は主として控え内野手として活躍した。1973年は64試合に出場、主に三塁手として10試合に先発したが、32打席(29打数)無安打でシーズンを終えた。このシーズン無安打記録は、野手に限ると2016年吉田裕太が35打席(30打数)を記録するまで日本記録だった[1]

6年目の1975年8月9日の西京極球場での阪神タイガース17回戦で、阪神が1-0でリードしていた7回表2死満塁の場面で道原裕幸代打で登場し、阪神先発の江夏豊からプロ初本塁打となる1号満塁本塁打を打つ[2]。試合は5-2で広島が勝利した。久保の現役時代、公式戦で記録した唯一の本塁打となった。同年の阪急ブレーブスとの日本シリーズでは全6戦に出場。左翼手、代打、右翼手、代走、遊撃手をこなし、第4戦では延長13回に日本シリーズ初安打を放つ。

1976年オフに新美敏内田順三鵜飼克雄皆川康夫との交換トレードで、佐伯和司宮本幸信と共に、日本ハムファイターズへ移籍。1977年は21試合に内野手として先発出場、その後も内野の控えや代打を中心に活躍し、1979年暮れに現役を引退した。

引退後は、広島県山県郡にある「リアルプロフェッショナルクラブ プロ育成野球専門学院」でヘッドコーチを務めた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1972 広島 10 16 14 2 2 1 0 0 3 0 1 0 0 0 2 0 0 2 0 .143 .250 .214 .464
1973 64 32 29 3 0 0 0 0 0 0 1 1 3 0 0 0 0 9 0 .000 .000 .000 .000
1974 13 12 11 2 3 0 0 0 3 0 0 0 0 0 1 0 0 3 0 .273 .333 .273 .606
1975 80 62 57 12 17 2 1 1 24 13 5 1 1 0 2 0 2 11 2 .298 .344 .421 .765
1976 53 49 42 15 9 2 0 0 11 7 4 1 1 1 4 0 1 13 0 .214 .292 .262 .554
1977 日本ハム 53 99 93 6 22 6 0 0 28 6 2 3 3 0 3 0 0 22 0 .237 .260 .301 .561
1978 40 36 34 6 5 0 0 0 5 1 2 2 0 0 2 0 0 8 0 .147 .194 .147 .342
1979 44 28 23 8 6 0 0 0 6 2 3 2 1 0 3 0 0 2 1 .261 .346 .261 .607
通算:8年 357 334 303 54 64 11 1 1 80 29 18 10 9 1 17 0 3 70 3 .211 .259 .264 .523

背番号[編集]

  • 47 (1970年 - 1974年)
  • 32 (1975年 - 1976年)
  • 8 (1977年 - 1979年)

脚注[編集]

  1. ^ シーズン無安打記録から逆襲 吉田「大きく変わる年に」”. 千葉日報 (2017年1月17日). 2017年1月18日閲覧。
  2. ^ 日刊スポーツ1975年8月10日3面「赤ヘルまた大暴れ 久保が代打逆転満塁アーチ」

関連項目[編集]