久保川流域ため池群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
久保川流域ため池群
所在地 岩手県
位置
成因 灌漑用人造湖
淡水・汽水 淡水
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示

久保川流域ため池群(くぼがわりゅういきためいけぐん)は、岩手県一関市萩荘にあるため池である。

2010年(平成22年)3月25日農林水産省ため池百選に選定された[1]2009年(平成21年)には「萩荘・厳美の農村部」としてにほんの里100選[2]にも選定されている。

概要[編集]

一級河川北上川水系磐井川支流久保川流域に広がる無数のため池は、多様な動植物の宝庫であり、東京大学大学院農学生命科学研究科保全生態学研究室により調査が進められた。 以後2007年(平成19年)4月1日「久保川イーハトーブ自然再生研究所」が開設され、2009年(平成21年)5月16日同研修所を発展解消し「久保川イーハトーブ自然再生協議会」を中心に自然環境や景観保全を行っている。

久保川北岸一帯の空中写真。小さなため池が多数ある。(1976年撮影の5枚より合成作成)。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

アクセス[編集]

道路[編集]

路線バス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 久保川流域ため池群
  2. ^ にほんの里100選-(朝日新聞社、森林文化協会主催)

関連項目[編集]