久保康友

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
久保 康友
20140915 Yasutomo kubo pitcher of the Yokohama DeNA BayStars, at Yokohama Stadium.JPG
DeNA時代
(2014年9月15日 横浜スタジアムにて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 奈良県橿原市
生年月日 (1980-08-06) 1980年8月6日(37歳)
身長
体重
181 cm
81 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2004年 自由獲得枠
初出場 2005年4月2日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

久保 康友(くぼ やすとも、1980年8月6日 - )は、奈良県橿原市出身のプロ野球選手投手)。右投右打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

橿原市立鴨公小学校時代は藤原京跡グラウンドをホームグラウンドとする少年野球チーム「ホワイトベアーズ」に所属し、橿原市立八木中学校時代は軟式野球部でプレーしていた。

関西大学第一高校時代は、同校に合宿所がないこともあり、橿原市の自宅から大阪府吹田市の学校まで電車を乗り継ぎ、1時間半かけて通学していた。3年時にはエースとして同校の69年ぶりとなる第70回選抜高等学校野球大会に出場し、松坂大輔小池正晃後藤武敏小山良男らを擁する横浜高校に次ぐ準優勝を果たした。夏の第80回全国高等学校野球選手権大会にも出場を決めて春夏連続出場を果たし、また同校初の選手権大会となったが、8強入りしたものの最後は寺本四郎高橋一正らを擁する明徳義塾高校に2-11で敗れた。大会後に中村順司が率いる第3回AAAアジア野球選手権大会日本代表に選出され、同大会優勝に貢献。高校時代の同級生には工藤和樹がいる。

高校卒業後は松下電器に入社したが、野球部入部当初は度重なる故障に悩まされて登板機会が少なく、入社5年目の2003年後半から好成績を残して主力選手に成長した。同年の社会人野球日本選手権大会では圧倒的優位が予想されていた対伏木海陸運送戦でリリーフ登板し、4イニングを投げて最速148km/hの速球で7三振を奪ったが、9回裏の先頭打者に四球を与えたのをきっかけにサヨナラ負けを喫した。2004年はこの時の反省を生かしエースとしてフル回転し、後にプロでチームメイトとなる手嶌智能見篤史渡辺亮らと共に第22回ハーレムベースボールウィーク日本代表に選出された。

2004年11月17日に行われたプロ野球ドラフト会議において自由獲得枠千葉ロッテマリーンズに入団。松坂世代で最後に自由獲得枠でプロ入りした選手となり、2007年のドラフト会議で北海道日本ハムファイターズ多田野数人が指名されるまでは「松坂世代最後の大物」と呼ばれていた[1]

ロッテ時代[編集]

2005年4月2日の対福岡ソフトバンクホークス戦にリリーフでプロ初登板。4月24日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦でプロ初先発・初勝利・初完封を記録。5月4日にチームが45年ぶりの12連勝を記録した試合で勝利投手になり、5月19日まで7連勝を記録。しかし8月10日の対北海道日本ハムファイターズ戦で連勝は止まり、1950年荒巻淳榎原好以来となる球団新人記録の8連勝はならなかった。9月17日の対西武ライオンズ戦で3度目の完封勝利となる10勝目を挙げ、前述の荒巻(26勝8敗)と榎原(16勝7敗)以来球団史上55年ぶり、右投手では球団初となる新人での2桁勝利を記録した。最終的に規定投球回到達はならなかったが、オフの11月4日には球団史上6人目、投手としてはチームが前回日本一になった1974年三井雅晴以来となる新人王を獲得。同日に婚約を発表した。

2006年清水直行渡辺俊介らがWBCからの帰国直後で休養をとる必要があり、小林宏之が右太腿筋痛を訴え、小野晋吾は発熱するなどのチーム事情から、3月25日の対ソフトバンク戦で開幕投手を務めたが5失点で敗戦投手となった。同年は前半だけで6勝を挙げたが、セ・パ交流戦以降は防御率6点台で、8月以降は6連敗を喫するなど最終的には7勝にとどまった。シーズン防御率は4点台でリーグ2位の13敗を記録した。なおプロ入り初めて規定投球回に到達した。

2007年の前半戦は勝利投手となっても防御率が悪い状態が続き、6月25日の対横浜ベイスターズ戦で左手甲に打球を受け左第5中手骨骨折で全治6週間と診断され6月29日に登録抹消された。8月7日に一軍復帰して以降は防御率3点台前半と好調を維持した。10月3日、10月5日には同年初の中継ぎ登板をしたが、これは10月8日から始まるクライマックスシリーズを見据えての調整登板だった。同年は9イニング平均で与四球が0.77個と少なかった。

2008年は開幕から大量失点を繰り返し、中継ぎへの配置転換や二軍降格も経験した。シーズン後半は巻き返しも見せたが、共に自己ワーストの4勝、防御率4.95に終わり、投球回数も初めて100に届かなかった。

阪神時代[編集]

阪神時代(2013年)

2009年3月4日、橋本健太郎との交換トレード阪神タイガースへ移籍。社会人時代の同僚でバッテリーを組んでいた岡崎太一と再びチームメイトとなった。背番号は橋本が着けていた「34」をそのまま受け継いだ。3月5日に入団発表を行い、翌6日にチームに合流した。4月7日の対広島東洋カープ戦で移籍後初登板。チームは勝ったものの勝敗がつかず、その後も好投しながら勝ち星が付かなかったが、5月25日の対ロッテ戦で古巣相手に移籍後初勝利を挙げた。7月14日の対中日ドラゴンズ戦において史上7人目、最年少での全球団勝利を達成し、7月30日の対横浜戦では4年ぶりの完封勝利を記録するなどシーズンを通して先発ローテーションとして投げ、防御率3.75, 9勝8敗の成績を記録した。その一方でリーグ最多の16死球、同2位の9暴投など制球面での不安定さも見せた。

2010年は3月31日の対広島戦で先発としてシーズン初登板・初勝利を挙げた。故障や不調で手薄だった先発陣の中で唯一、先発ローテーションを最初から最後まで守りきり、打線の援護にも恵まれて勝利を重ねた。8月12日の対広島戦で10勝目を挙げて5年ぶりの2桁勝利を達成。8月29日の対東京ヤクルトスワローズ戦では、自己新記録となる11勝目を挙げた。最終的には14勝してリーグ最高勝率となる勝率.737を記録し、自身初のシーズン200投球回に到達した。

2011年は契約更改が遅れたことにより、春季キャンプには当初は自費で参加し、そのキャンプ中に契約更改を行った。前年の実績もあり開幕投手候補にもなったが、開幕2カード目の対中日1戦目がこのシーズンの初登板となった。当初は先発投手陣の一角を担っていたが、シーズン中盤に左脇腹の故障で一時離脱したことが響き、成績は8勝止まりだった。

2012年も先発陣の一角となったが、5月20日の対楽天戦にて4回4失点で敗戦投手となったのを機に一軍登録を抹消、交流戦明けの7月14日の対ヤクルト戦で先発復帰し、勝敗はつかなかったものの7回を無失点に抑えたが、以降は打線の援護に恵まれない場面が続き、最終的に自身初の防御率2点台を記録しながらも自己ワーストタイの4勝、さらに移籍後初のシーズン負け越しとなった。なお、この年はシーズン終了間際に国内フリーエージェント (FA) 権を取得とNPBが一時発表したが、9月22日、NPBのミスによりFA資格を得るための日数が「7年23日」から「7年」と訂正。2012年の国内FA権取得は不可能となった。同日、甲子園で行われた対中日戦前、NPBの下田事務局長が久保に直接謝罪した。

2013年、前年まで抑えを務めてきた藤川球児MLB移籍に伴い、久保が後任として抑えに転向[2]、4月11日の対読売ジャイアンツ戦でプロ初セーブを挙げた[3]。3月・4月は11試合で2勝1敗、4セーブ2ホールド、防御率0.64の成績だったが、5月に入って8試合で防御率12点台と打ち込まれるようになった。28日の対楽天戦では9回表1アウト後に銀次に安打、松井稼頭央に二塁打、島内宏明に三塁打を許して降板、代わった筒井和也がさらに聖澤諒に本塁打を打たれるという「サイクル被安打」を浴びた。敗戦投手になった久保はこの試合が6度目の救援失敗で、翌29日に登録を抹消された[4]。太ももの故障も重なり[5]、一軍復帰は8月5日にまでずれ込んだ。その間の抑えには福原忍がほぼ定着していたが、久保は7回 - 8回にかけてのセットアッパーとの起用となり、先発登板はなかった。オフの11月15日に国内FA権を行使することを表明した[6]

DeNA時代[編集]

2013年12月2日に横浜DeNAベイスターズが、久保の獲得を発表した[7]。背番号は、前身球団の大洋ホエールズで長らくエースの座にあった平松政次が着用していた27[8]2014年には、一軍公式戦の開幕から、先発ローテーションの一角を担った。5試合に登板した7月には、高い援護率(8.16)を背景に、4勝と防御率2.79をマーク。月間MVPの候補に挙げられたが、受賞には至らなかった。8月終了時点での勝利数は11勝で、リーグの最多勝利を狙える位置にあった。9月には、一軍公式戦5試合に登板。月間投球回数40イニングで、防御率0.90、WHIP 0.85ながら、援護率が1.98にとどまった影響で、1勝を挙げただけにとどまった。結局、最多勝利のタイトルも逃したが、一軍公式戦全体では自身4年振りの2桁勝利(12勝)を記録した。

2015年には、一軍公式戦の開幕投手に抜擢。7月13日の対巨人戦(横浜スタジアム)で一軍公式戦通算1000奪三振を記録したが、8月下旬に右肩の痛みを訴えて戦線を離れると、そのままシーズンを終えた。一軍公式戦全体では、21試合に登板。2年連続でチームトップの勝ち星(8勝)を挙げたが、セ・リーグの最終規定投球回には到達せず、防御率も4.12に達した。

2016年には、同姓の久保裕也が入団したことを受けて、スコアボードの表記を久保康に変更。レギュラーシーズンでは、8月24日に古巣の阪神戦(横浜)で一軍公式戦通算1500投球回を達成する一方で、一軍と二軍を4回往復。一軍公式戦全体では、15試合の登板で、防御率3.55ながら5勝8敗と負け越した。8月25日には、レギュラーシーズン5回目の出場選手登録抹消。チームはレギュラーシーズン3位で史上初のクライマックスシリーズ進出を果たしたが、久保自身にはポストシーズンでの登板機会がなかった。

2017年には、久保裕也の退団(楽天への入団テスト経由で移籍)によって、スコアボードの表記が苗字だけ(久保)に戻った。レギュラーシーズンでは、一軍公式戦の開幕に出遅れたものの、4月30日の対広島戦(横浜)でシーズン初登板・初先発・初勝利を挙げた。6月17日の対オリックス戦(横浜)から7月9日の対中日戦(ナゴヤドーム)まで先発で3連勝を記録したものの、実際にはローテーションの谷間の試合で先発を任されていただけに過ぎず、一軍公式戦の登板数は7試合にまで減少。チームは2年連続のクライマックスシリーズ1998年以来19年振りの日本シリーズ進出へ至ったものの、久保自身は8月8日の対ヤクルト戦(神宮)でシーズン2敗目を喫したことを最後に、一軍から遠ざかった。9月に翌2018年の契約をめぐって球団幹部と交渉、他球団での現役続行を模索することで合意し、10月4日に自由契約扱いで退団することが発表され[9]、12月2日付で、自由契約選手として公示された[10]

米独立リーグ時代[編集]

2018年4月20日、米独立リーグのアメリカン・アソシエーションに加盟しているゲーリー・サウスショア・レイルキャッツと契約した。5月17日の開幕を待たずして同月13日に自由契約となったが、これは選手枠調整のための一時的措置である。

選手としての特徴・人物[編集]

投球フォーム 2014年3月9日 横浜スタジアムにて

平均球速約142km/h[11]、最速151km/hのストレートスライダーカット・ファスト・ボールフォークボールシュートチェンジアップなどの多彩な球種を投げ分ける。 クイックモーションは通常は1.2秒台で及第点と言われている[12]が、社会人時代には1秒を切って0.99秒を記録している。当時バッテリーを組んでいた岡崎の二塁送球は1.8秒台(1.8 - 1.9秒台が「強肩」の基準[12])だったため、塁上の走者が盗塁を行うのは不可能に近かった[12]という。ロッテで同僚だった渡辺俊介は自身の著書『アンダースロー論』の中で、「久保のクイックも速いけど、あれは全ての動作が速い。真似出来ません」と述べている。2013年シーズンに抑えで起用されることになったのも、このクイックモーションの速さが決め手の一つであった[13]

ロッテ在籍時の愛称は、松下電器(パナソニック)出身であることから「パナ」、および一般公募で決まった「ソニック」。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2005 ロッテ 19 18 5 3 0 10 3 0 0 .769 506 121.2 120 13 26 0 6 84 5 0 52 46 3.40 1.20
2006 23 22 1 0 0 7 13 0 0 .350 605 140.1 153 11 32 3 11 119 1 1 73 71 4.55 1.32
2007 21 19 2 0 0 9 8 0 2 .529 532 128.1 139 11 11 0 8 82 6 0 62 57 4.00 1.17
2008 33 12 1 0 0 4 7 0 7 .364 412 91.0 104 10 33 1 6 70 5 0 52 50 4.95 1.51
2009 阪神 26 24 1 1 0 9 8 0 0 .529 646 151.1 140 14 50 0 16 113 9 0 66 63 3.75 1.26
2010 29 29 4 1 0 14 5 0 0 .737 819 202.1 183 22 45 5 12 158 4 0 75 73 3.25 1.13
2011 20 20 0 0 0 8 8 0 0 .500 471 109.2 108 10 36 2 4 73 0 0 53 46 3.78 1.31
2012 18 16 1 0 0 4 7 0 0 .364 442 108.0 99 7 25 0 5 65 2 0 31 28 2.33 1.15
2013 44 0 0 0 0 3 4 6 11 .429 224 53.2 48 4 17 4 2 46 2 0 19 17 2.85 1.25
2014 DeNA 28 28 2 1 1 12 6 0 0 .667 759 178.1 181 8 54 1 11 119 12 1 68 66 3.33 1.32
2015 21 21 2 1 1 8 7 0 0 .533 523 122.1 130 16 27 0 5 88 3 1 64 56 4.12 1.28
2016 15 15 1 1 1 5 8 0 0 .385 419 96.1 102 5 28 4 3 80 4 0 44 38 3.55 1.35
2017 7 7 0 0 0 4 2 0 0 .667 172 37.0 46 6 14 2 0 33 1 0 30 22 5.35 1.62
NPB:13年 304 234 20 8 3 97 86 6 20 .530 6530 1540.1 1553 137 398 22 89 1130 54 3 689 633 3.70 1.27
  • 2017年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

投手成績
打撃成績
  • 初安打:2005年5月26日、対読売ジャイアンツ3回戦(東京ドーム)、3回表に工藤公康から中前安打
  • 初打点:同上、5回表に真田裕貴から中堅フェンス直撃2点適時二塁打
節目の記録
その他の記録
# 日付 対戦球団 球場 登板 内容 通算勝利数
1 2005年4月24日 東北楽天ゴールデンイーグルス5回戦 フルキャストスタジアム宮城 先発 9回完封勝利 1
2 5月19日 広島東洋カープ3回戦 広島市民球場 先発 9回1失点完投勝利 3
3 5月26日 読売ジャイアンツ3回戦 東京ドーム 先発 6回7失点 4
4 6月26日 オリックス・バファローズ6回戦 スカイマークスタジアム 先発 9回完封勝利 7
5 7月20日 北海道日本ハムファイターズ13回戦 札幌ドーム 先発 7回4失点 8
6 9月17日 西武ライオンズ19回戦 千葉マリンスタジアム 先発 9回完封勝利 10
7 2006年5月18日 横浜ベイスターズ3回戦 横浜スタジアム 先発 8回無失点 13
8 5月25日 阪神タイガース5回戦 千葉マリンスタジアム 先発 7回1失点 14
9 6月1日 東京ヤクルトスワローズ3回戦 千葉マリンスタジアム 先発 8回無失点 15
10 2007年5月11日 福岡ソフトバンクホークス7回戦 千葉マリンスタジアム 先発 7回無失点 20
11 2009年5月25日 千葉ロッテマリーンズ1回戦 阪神甲子園球場 先発 6回2失点(自責1) 31
12 7月14日 中日ドラゴンズ9回戦 阪神甲子園球場 先発 7回3失点 34

背番号[編集]

  • 16 (2005年 - 2008年)
  • 34 (2009年 - 2013年)
  • 27 (2014年 - 2017年)

登場曲[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「遅れてきた松坂世代」久保康友は逆襲の立役者。~CSにかける阪神の原動力~ - Number Web 2009年9月25日
  2. ^ 阪神、来季の守護神は久保! 日刊スポーツ 2012年12月11日、同12日閲覧。
  3. ^ 3人斬り!阪神・久保、プロ初セーブ サンケイスポーツ 2013年4月12日、同13日閲覧。
  4. ^ 久保が救援連続失敗で登録抹消 デイリースポーツ 2013年5月29日、同8月24日閲覧。
  5. ^ 【阪神】久保が太もも裏故障、復帰遅れる 日刊スポーツ 2013年6月29日、同8月24日閲覧。
  6. ^ “久保がFA宣言 安藤、福原は残留”. デイリースポーツ. (2013年11月12日). http://www.daily.co.jp/newsflash/tigers/2013/11/12/0006491800.shtml 2013年11月25日閲覧。 
  7. ^ “選手獲得のお知らせ”. 横浜DeNAベイスターズ. (2013年12月2日). http://www.baystars.co.jp/news/2013/12/1202_01.php 2013年12月2日閲覧。 
  8. ^ “登録名変更および背番号変更・決定のお知らせ”. 横浜DeNAベイスターズ. (2014年1月7日). http://www.baystars.co.jp/news/2014/01/0107_02.php 2014年1月7日閲覧。 
  9. ^ “DeNA久保が戦力外 双方合意で自由契約「まだやれる」”. スポーツニッポン. (2017年10月6日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/10/06/kiji/20171006s00001173057000c.html 2017年11月6日閲覧。 
  10. ^ 2017年度 自由契約選手 日本野球機構オフィシャルサイト 2017年12月4日閲覧。
  11. ^ 『2011プロ野球オール写真選手名鑑』 日本スポーツ企画出版社、2011年、183頁。ISBN 978-4-930942-98-2。
  12. ^ a b c 小関順二『野球力‐ストップウォッチで判る「伸びる人材」』p.15
  13. ^ ポスト球児は久保!抑え初挑戦も高速クイックで不安シャットアウト スポーツニッポン 2012年12月10日、2013年3月12日閲覧。
  14. ^ “【ファン交歓会一問一答】原口、関西弁の女性「いいと思います」(画像6)歴代サンスポMVP大賞、新人賞の受賞者”. SANSPO.COM (産業経済新聞社). (2016年11月23日). http://www.sanspo.com/baseball/photos/20161123/tig16112305040011-p6.html 2017年9月8日閲覧。 

関連項目[編集]