久保清太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

久保 清太郎(くぼ せいたろう、1832年12月29日天保3年11月8日)- 1878年明治11年)10月2日)は、幕末長州藩士、明治期の官僚。名・久清、通称・清太郎、松太郎。明治2年1869年)に断三と改める。号・淞東。

経歴[編集]

長州藩士・久保五郎左衛門の長男として、萩城下松本村(現:山口県萩市)で生まれる。松下村塾玉木文之進吉田松陰に学ぶ。13歳で家督を相続。安政2年(1855年)、江戸藩邸の大番手として約二年間勤める。この間、古賀茶渓羽倉簡堂東条英庵塩谷宕陰に学んだ。

安政4年4月29日1857年5月22日)に帰藩し、富永有隣の出獄に尽力して、彼と松陰の三人で協力して松下村塾を独立させる。

安政5年7月1858年8-9月)に藩務に復帰し、明倫館出勤、三田尻講習堂出勤、政事堂出勤、舟木代官、上関代官、筑前伊崎代官、山口藩会計主事などを歴任。

明治3年1870年)、山口藩権大参事となる。廃藩置県後、山口県少参事に就任。明治5年1872年)、名東県(現:徳島県)参事となり、のち権令に就任。1874年(明治7年)11月、度会県(現:三重県)権令に転任。1876年(明治9年)7月20日に退官し、東京に転居した。

参考文献[編集]

  • 『幕末維新人名事典』新人物往来社、1994年。
  • 山口県教育会編『吉田松陰全集』第10巻、大和書房、1974年、514-515頁。