久保田収

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

久保田 収(くぼた おさむ、明治43年(1910年7月22日 - 昭和51年(1976年12月7日)は、日本歴史学者。専門は神道史文学博士

生涯[編集]

明治43年(1910年)、富山市に生まれる(本籍滋賀県)。静岡県立浜松第一中学校(昭和3年〈1928年〉卒業)、第六高等学校文科甲類(昭和6年〈1931年〉卒業)を経た後、昭和9年(1934年)、東京帝國大學文学部国史学科を卒業。翌昭和10年、東京府立第九中学校教諭となり、昭和13年(1938年)、第七高等学校造士館教授となった。

在学中は平泉澄に学び、高弟として知られ終生師事した。朱光会の創立に関わり、また青々塾最初の入塾者の一人でもあった(いずれも平泉主宰)。東大卒業後鹿児島に赴任するまでの間、青々塾塾頭をつとめ、七高時代は集義塾を開くなどして、後進の指導にあたった。終戦に際会して、七高教授を辞任。

戦後、昭和21年(1946年)、京都日日新聞社に入社し、論説委員となり、昭和24年(1949年)、合併した京都新聞の論説委員に移る。翌昭和25年、藝林会が設立され、事務局が彼の自宅に置かれた。昭和28年(1953年)、神道史学会の創立とともに会長に就任し、歿するまでその職にあった。昭和29年、福井県史編纂専門委員となり、昭和30年、高野山大学教授に就任した。昭和35年(1960年)、「中世神道の研究」により、國學院大學より文学博士学位を取得し、また同年、日本教育協議会(日本教師会の前身)会長となった(昭和38年まで)。

昭和36年(1961年)、皇學館大學設立準備委員となり、翌昭和37年、皇學館大學再興とともに教授に就任した。皇學館大學教授在任中、文学部長・評議員・理事・同大学神道研究所所長を併任した。

神道史研究の権威で、主著であり学位論文でもある『中世神道の研究』は、「今後とも永く神道研究史上不朽の地位を占めるであろう」(柴田実)と評される。人柄・学問ともに、中正穏健なものであった。

昭和51年(1976年)12月、66歳で死去。正五位に叙され、勲三等瑞宝章が贈られた。墓地は三重県伊勢市旭町伊勢やすらぎ公園にある。

日本学協会の設立準備委員会の理事。

著書[編集]

単著[編集]

編著[編集]

  • 『武教本論・武教小学・武教全書講録』(日本学叢書4、解説・校訂・注釈) 雄山閣 昭和13年(1938年
  • 『眞言内證義』(北畠親房著、校訂) 藝林会 昭和34年(1959年)
  • 『有馬正義先生遺文』 藝林会 昭和45年(1970年
  • 古文書学教本 古文書の部』 皇學館大学出版部 昭和46年(1971年

共著[編集]

参考文献[編集]

  • 「彙報・久保田収博士逝く」 『神道史研究』25-1 昭和52年(1977年)1月
  • 西山徳「久保田収博士の訃」 『日本歴史』345 昭和52年(1977年)
  • 『久保田収博士偲草』 久保田収先生十年祭準備委員会 昭和61年(1986年)
  • 林潤一『久保田収博士小伝』 伊勢青々 平成17年(2005年)
  • 『神道史の研究 遺芳編』 皇學館大学出版部 平成18年(2006年)
附録として平泉澄「中正穏健の学風」、谷省吾「久保田収博士の学風」のほか、「久保田収博士略年譜」・牟禮仁編「久保田収博士著作目録」を収録。