久保田雅人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
くぼた まさと
久保田 雅人
プロフィール
性別 男性
出生地 日本の旗 日本東京都
生年月日 (1961-08-08) 1961年8月8日(57歳)
職業 声優タレントYouTuber
事務所 ケイズマシーン
配偶者 既婚
公式サイト くぼたまさと・どっとこむ
声優活動
ジャンル アニメゲーム
タレント活動
ジャンル バラエティ番組
声優:テンプレート | プロジェクト | カテゴリ
ワクワクさんチャンネル【公式】
YouTube
チャンネル UCdCsSSokazx-GBM-6boSpiA
活動期間 2019年2月14日 -
ジャンル 工作
登録者数 288,453人
総再生回数 3,041,073回
チャンネル登録者数、総再生回数は2019年3月3日時点。
テンプレートを表示

久保田 雅人(くぼた まさと、1961年8月8日[1] - )は、日本男性声優タレント東京都出身。立正大学文学部史学科卒業。NHKEテレで放送していた子供向け工作番組『つくってあそぼ』にワクワクさんとして長年出演した。現在もワクワクさんとしての活動を行っており、YouTubeの『ワクワクさんチャンネル』でYouTuberとしても活躍中。ケイズマシーン所属。

経歴[編集]

大学生時代に声優の三ツ矢雄二田中真弓が設立した劇団「プロジェクト・レヴュー」に所属[2]。声優としてデビューし、『タッチ』などに出演する[3]。役者としての初仕事はVシネマの死体役であったという。その後、NHKの子供番組に出演していた田中の勧めで『つくってあそぼ』の前身番組『わくわくおじさん』のオーディションを受けて合格。この頃劇団の研究生であった妻と出会い、結婚する[3]

それまでテレビ出演経験がなかった久保田は当初番組作りに苦心したものの、次第に慣れ、3年程するとワクワクさんに馴染んできたという。長女の誕生を機に事務所を辞めて、ワクワクさん=『つくってあそぼ』一本での生活を始める。この頃から幼稚園を回り、ノーギャラで工作ショーを行いながら工作の見せ方、伝え方を学んだ[3]

ワクワクさんとして有名になると次第に仕事も増えて、全国を回るようになる。年間300本ほどの講演を行っており、『つくってあそぼ』終了後の現在も工作の伝道師として活動を続けている[3]

2019年2月にYouTubeチャンネル『ワクワクさんチャンネル』を開設、YouTuberとしての活動も開始した[4]

人物・エピソード[編集]

  • 中学・高校の社会科の教員免許を保有している[5]
  • 極度の近視であり、私生活では実際に度が入った眼鏡を着用している。ただし、ワクワクさんとして出演する際に着用している黒ぶちの眼鏡はレンズの入っていない伊達眼鏡である[要出典]
  • 特技は落語、趣味は読書と旅行。本は歴史ものを愛好している[6]
  • プロ野球読売ジャイアンツファン。だが、対照的に関西出身の妻は阪神タイガースファンであり、妻の前では巨人戦中継を観ないようにしている[7]
  • 恐妻家であり、三児の父親でもある。長男の自由研究を手伝ったところ、作品が全国展で入賞したことがあり、大いに困惑したという[3]
  • 牛乳パックなどを保存するようにしており、子供が捨てると注意するという[3]
  • ゴロリ役の俳優(操演の古市次靖)とスタジオの外では距離を置いており、仕事の要件以外では一切連絡をとらないほか、撮影で移動する時にも別々に行動したという。これについて久保田は「コンビはいつも一緒にいると良いものができないため」としている[3]。ただし、後に「"内臓と声"(古市とゴロリの声を務めた中村秀利)と飲みに行っていた」と発言しているなど[8]、全く付き合いが無かったわけではない。
  • 講演で全国を回っており、全ての県庁所在地を訪れたことがある。
  • つくってあそぼ』出演時、民放には一切出演しなかった[要出典]。だが2013年に番組が終了してからは、民放にも出演するようになり一時的にブレイク、当時数多くのバラエティ番組に出演していた[要出典]
  • YouTuberの活動を開始してから、水溜りボンドとも彼らの動画内で共演をしている[8]

出演作品[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

劇場アニメ[編集]

  • タッチシリーズ
    • タッチ 背番号のないエース(ナインA)
    • タッチ2 さよならの贈り物(打者)
    • タッチ3 君が通り過ぎたあとに(工藤)

ゲーム[編集]

バラエティ番組[編集]

CM[編集]

参考文献[編集]

  • 「NHK『つくってあそぼ』出演23年間に幕 今だから語れる番組舞台裏&パパ素顔!」『女性自身』第56巻第18号、光文社、2013年(本人へのインタビュー記事)

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『声優名鑑』、成美堂出版1999年、ISBN 978-4415008783
  2. ^ 三ツ矢雄二の声優道』、声グラWeb、2013年4月30日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 女性自身編集部(2013):170ページ
  4. ^ ワクワクさんがYouTuberデビュー 「ワクワクさんチャンネル」開設”. おたくま経済新聞 (2019年2月19日). 2019年2月19日閲覧。
  5. ^ 自己紹介、くぼたまさと・どっとこむ、2018年1月14日閲覧。
  6. ^ 自己紹介、くぼたまさと・どっとこむ、2013年4月30日閲覧。
  7. ^ 2013年7月7日放送分の『行列のできる法律相談所』での本人談
  8. ^ a b UUUM 2016.6.15 水溜りボンドとワクワクさんが共演!