久子内親王 (後深草天皇皇女)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

久子内親王(きゅうしないしんのう/ひさこないしんのう、文永9年(1272年)-正平元年/貞和2年4月25日1346年5月16日))は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての皇族後深草天皇の第二皇女。母は玄輝門院(洞院愔子)。伏見天皇・性仁法親王の同母妹[1]

正応4年4月6日1291年5月5日)、20歳の時に内親王宣下を受けて同日に准三宮となる。永仁2年2月7日1294年3月5日)に院号宣下を受ける。嘉元2年9月10日1304年10月9日)に出家して真如智と名乗るが、後鳥羽天皇の生母・七条院の法号と被ってしまったために後に真性智と改めた[2][1]花園天皇の皇女である徽安門院を猶子に迎えてその遺領を譲った[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『天皇皇族歴史伝説大事典』
  2. ^ 『日本女性人名辞典』
  3. ^ 『朝日日本歴史人物事典』

参考文献[編集]

  • 芳賀登 他編『日本女性人名辞典』(日本図書センター、1993年) ISBN 978-4-8205-7128-5 P168.
  • 秋山喜代子「永陽門院」『朝日日本歴史人物事典』(朝日新聞社、1994年) ISBN 978-4-02-340052-8 P256.
  • 志村有弘 編『天皇皇族歴史伝説大事典』(勉誠出版、2008年) ISBN 978-4-585-06063-5 (標宮子「後深草天皇」) P576-577.