久我敏通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
久我敏通
時代 江戸時代中期
生誕 享保20年1月27日1735年2月19日
死没 宝暦6年2月25日1756年3月25日
官位 正三位権大納言正二位
主君 桜町天皇桃園天皇
氏族 久我家
父母 父:久我通兄、母:家女房
兄弟 敏通、通維、細川重賢室、千種有政室、酒井忠貫
不詳
養子:信通
テンプレートを表示

久我 敏通(こが としみち)は、江戸時代中期の公卿。主に桜町天皇(114代)・桃園天皇(115代)の二帝にわたり、仕え、官位は正三位権大納言(薨去後正二位追贈)。この信通と敏通の曽祖父は久我通名である。

経歴[編集]

元文2年(1737年)に叙爵し、清華家当主として速いスピードで昇進し、侍従左近衛少将左近衛中将などを経て、寛延元年(1748年)に従三位となり、公卿に列する。宝暦3年(1753年)に権大納言に就任。しかし彼は父とともに竹内敬持の門下生であったため、宝暦6年(1756年)に権大納言辞職に追いやられる。またこの年に薨去した。享年22。

徳川幕府崩壊後の明治24年(1891年)、晴れて名誉回復し、正二位を追贈された。

系譜[編集]

関連項目[編集]